ニュース
» 2008年02月15日 15時50分 UPDATE

パナソニック モバイル製「P906i」などがJATEに認定――ドコモの夏商戦向けモデルか

ドコモの2008年夏モデルと思われる「P906i」などが、JATE(電気通信端末機器審査協会)の審査を通過した。

[安達崇徳,ITmedia]

 JATE(電気通信端末機器審査協会)は2月15日、1月16日〜1月31日に認定した通信機器を公表した。パナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「P906i」(認定日:2008年1月21日、認定番号:AD08-0004001)などを認定している。

 今回、審査を通過したP906iは、ドコモが2007年秋冬商戦で投入した905iシリーズの後継となる906iシリーズの1モデルと思われる。例年のスケジュールから推測すると、2008年夏モデルとして投入する可能性がある。

 ドコモ向け端末では、P906iのほかにシャープ製「SH705i」のマイナーチェンジモデルと思われる「SH705iII」(認定日:2008年1月28日、認定番号:A08-0014001)もあった。

 au向けでは、いずれも発表済みのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のCyber-Shotケータイ「W61S」(認定日:2008年1月25日、認定番号:AD08-0018001)と、GSM国際ローミングに対応した「W62S」(認定日:2008年1月18日、認定番号:AD08-0010001)が審査を通過した。

 ソフトバンクモバイル向けの端末では、シャープ製“FULLFACE 2”「921SH」(認定日:2008年1月21日、認定番号:AD08-0005001)、“THE PREMIUM TEXTURE”「823SH」(認定日:2008年1月21日、認定番号:AD08-0007001)、“インターネットマシン”「922SH」(認定日:2008年1月21日、認定番号:AD08-0008001)が認定を受けたほか、ディズニーモバイルの「DM001SH」(認定日:2008年1月21日、認定番号:AD08-0006001)も認定済み。

 そのほか、携帯電話用骨伝導レシーバーマイクの次期モデルと思われるNECトーキン製「骨伝導レシーバマイク02」(認定日:2008年1月30日、認定番号:D08-0028001)も通過している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.