ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「EXILIMケータイ W53CA」最新記事一覧

関連キーワード

「W52CA」「W53CA」「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」が対象:
auケータイ3機種のバッテリーパックで発煙や溶解の恐れ――約201万個を交換
auケータイ「W52CA」「W53CA」「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」のバッテリーパックに発煙や溶解の恐れがあることが判明した。KDDIはこれら3機種のバッテリーパック約201万個を回収し、交換する。(2011/9/30)

KDDI、「W52CA」「W53CA」のバッテリーパック無料サービスを延期
KDDIは「安心ケータイサポート」での、W52CAとW53CAのバッテリーパック無料サービスを延期する。原因は想定以上の申し込みがあったため。(2010/2/1)

「EXILIMケータイ W63CA」の“ここ”が知りたい:
第1回 カメラ周りのLEDは着信時にも光る?――「EXILIMケータイ W63CA」
カシオ計算機製のデジタルカメラ「EXILIM」の名を冠した「EXILIMケータイ W63CA」は、2007年8月に登場した「EXILIMケータイ W53CA」の後継機だ。8.1Mピクセルカメラを搭載するW63CAは、EXILIMのデザインモチーフを随所にちりばめた“カメラオリエンテッドデザイン”が目を引く。第1回では外観をチェックした。(2009/1/5)

荻窪圭が聞く「EXILIMケータイ W63CA」:
「EXILIMケータイ W63CA」のカメラ機能は“ここ”が進化した
2代目EXILIMケータイとして発売された「EXILIMケータイ W63CA」は、国内のケータイでは最高クラスとなる809万画素カメラや、世界初となるワイドVGAサイズの3.1インチ有機ELを搭載する。前モデルの「EXILIMケータイ W53CA」からカメラ機能はどこが進化したのか。カシオ日立モバイルコミュニケーションズの開発陣に話を聞いた。(2008/12/26)

Webアクセスが多いのは、どの端末? ビートレンドがアクセス実勢調査
ビートレンドが、10月に実施した携帯Webへのアクセス実勢調査の結果を発表。Webアクセスが最も多かったのは、ドコモが「P905i」、auが「W53CA」、ソフトバンクモバイルが「911SH」となった。(2008/11/11)

写真で解説する「EXILIMケータイ W63CA」(外観編)
ワイドVGA表示に対応した3.1インチの有機ELディスプレイや8.1MピクセルのCMOSカメラ、ワンセグ、FeliCaなど、先進の機能を満載した「EXILIMケータイ W63CA」。それでいて、ボディはEXILIMケータイ W53CAよりさらに薄くなっている。(2008/10/27)

8.1MカメラにWVGA有機EL、ワンセグも搭載する“全部入り”──「EXILIMケータイ W63CA」
カシオ計算機のデジカメブランド“EXILIM”を冠したデジカメケータイが、さらなる進化を遂げて登場。カメラの画素数は8.1Mピクセルになり、3.1インチのVisual WVGA有機ELを搭載。EXILIMケータイW53CAにはなかったワンセグも備えた。(2008/10/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
防水&タフでさくさく快適、画質と機能に期待しすぎなければ……ね──「G'zOne W62CA」
固定ファンも多い“G'zOne”シリーズが帰ってきた。防水&タフネスの「G'zOne W62CA」のカメラ機能はどう進化しただろうか。今回はハイエンドなカメラ機能を備える EXILIMケータイ W53CAとの画質比較を含めて、写りや使い勝手をチェックしていく。(2008/8/13)

韓国でも「EXILIMケータイ」発売
韓LGTは、カシオ計算機製の“EXILIMケータイ”「W53CA」をベースにした「canU801Ex」を4月上旬に発売すると発表した。Rev.Aによるフルブラウザサービス「OZ」に対応している。(2008/3/26)

レビュー「W61CA」の“ここ”が知りたい(4):
カメラ機能の設定は保持されるか――「W61CA」
防水ワンセグケータイ「W61CA」は、「EXILIMケータイ W53CA」の性能を継承した515万画素カメラを搭載している。W53CAではカメラ機能の設定の一部が保持されなかったが、W61CAでは改善されたのだろうか。(2008/2/20)

写真で解説する「W61CA」
2007年秋冬モデルではラインアップに姿がなかったカシオ計算機製のau端末だが、2008年春モデルでは、2007年夏モデルの「W52CA」と「EXILIMケータイ W53CA」の特徴をミックスした、ウォータープルーフケータイ「W61CA」を投入した。(2008/1/29)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ケータイカメラは、どこまで“EXILIM”の画質に迫るか──「EXILIMケータイ W53CA」
“EXILIM”の名を冠し、2007年夏モデルで最高クラスのカメラ機能を備えるカシオ計算機製のデジカメケータイ「EXILIMケータイ W53CA」。では、その写りはどこまで“EXILIM”なのか。同社製の“本職”デジカメとの作例比較も含め、その画質と使い勝手を深くチェックしていく。(2007/8/10)

Mobile Weekly Top10:
EXILIMケータイに隠されている“EXILIMではないデジカメ”
「EXILIMケータイ W53CA」には、おなじみアデリーペンギンやカツオに加えて、EXILIMをテーマにした専用の待受Flashも用意されている。そのFlashの中には、1つだけEXILIMではない機種が隠されているという。(2007/8/10)

「EXILIMケータイ W53CA」、新規価格は2万円台半ば
関東・中部地区では発売が8月11日に延期されてしまったが、すでに各地で販売が始まっている「EXILIMケータイ W53CA」。関東地区でもようやく予価の掲示が始まった。新規契約時の価格は、2万円台半ばとなっている。(2007/8/9)

関東・中部で「EXILIMケータイ W53CA」の発売が延期に
関東・中部の「EXILIMケータイ W53CA」の発売日が延期された。KDDIは「供給上の問題」と説明している。(2007/8/7)

荻窪圭が聞く「EXILIMケータイ W53CA」:
「お待たせしました」──かくしてW53CAは“EXILIMケータイ”になった
auの2007年夏モデルの中でもひときわ読者の関心が高いカシオ計算機の「EXILIMケータイ W53CA」。同機がなぜ“EXILIM”の名を持つに至ったのか、ケータイカメラのレビューを担当する荻窪圭氏が迫った。(2007/8/3)

515万画素カメラの「EXILIMケータイ W53CA」、8月2日から順次発売
ついに「EXILIMブランド」を冠したデジカメケータイ「W53CA」が、8月2日から順次店頭に並ぶ。(2007/8/1)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

ワイヤレスジャパン2007:
「EXILIMケータイ」など未発売の2007年夏モデルをチェック――KDDIブース
KDDIブースには全15機種の2007年夏モデルが実機で登場した。まだ発売されていない「EXILIMケータイ W53CA」やハイエンドモデル「W54T」、+JOG搭載の「W53S」を手にとって確かめられる。(2007/7/18)

開発者に聞く「W52CA」:
カシオのBoniteは、なぜ魚だったのか
カシオ計算機の2007年夏モデル「W52CA」と「W53CA」に搭載された魚キャラ“Bonite”は、ペンギンに変わるシュールな新キャラクターとして生まれた。しかしなぜ魚だったのだろうか。デザイン担当者に話を聞いた。(2007/7/9)

写真で解説する「EXILIMケータイ W53CA」
28ミリの広角レンズに5.1MピクセルのCMOSカメラなど、ケータイカメラの機能をとことん追求し、最薄部18.9ミリのボディに詰め込んだのが「EXILIMケータイ W53CA」だ。(2007/5/23)

EXILIMケータイの“EXILIM具合”をチェックする
コンパクトデジカメの1大ブランド“EXILIM”を名前を冠した“EXILIMケータイ”「W53CA」。どの辺までがEXILIMなのか、確認してみた。(2007/5/22)

“EXILIM”を冠した5Mデジカメケータイ登場──「EXILIMケータイ W53CA」
カシオ計算機の人気デジカメブランド“EXILIM”の名を冠した端末が登場する。「EXILIMケータイ W53CA」は、もともとカメラと液晶で高い評価を持つカシオが作った“本気”のカメラケータイだ。(2007/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。