ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年05月28日 11時25分 UPDATE

「巨額の現金」が用意されれば:米Yahoo!のバーツCEO、Microsoftに検索部門を売却する可能性を示唆

バーツCEOはインタビューに答え、Microsoftへの身売りの可能性やCEO就任にまつわるジェリー・ヤン前CEOとのエピソードなどを語った。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 米Yahoo!のキャロル・バーツCEOは5月27日、米カリフォルニア州カールズバッドで開催された第7回年次カンファレンス「D: All Things Digital」でのインタビューで、多額の現金と引き替えにYahoo!の検索部門をMicrosoftに売却する意思があることを示唆した。

 ITコラムニスト、カーラ・スウィッシャー氏のインタビューの中でバーツ氏は、「巨額の現金と適切な技術が用意されているのであれば」、Yahoo!は検索部門をMicrosoftに売却するつもりだと語った。

 「Yahoo!を丸ごとMicrosoftに身売りするつもりはあるか」との質問に対し、バーツ氏は「それには膨大なお金が必要だ」と答えた。両社間の話し合いは現在も継続中のようだ。

 さらにバーツ氏によると、ジェリー・ヤン元CEOが最初に同氏に接触してCEO就任を打診したときは、同氏はこれを断ったらしい。ヤン氏が再びアプローチし、手描きのYahoo!組織図を見せて説得を試みたときに、初めてバーツ氏の好奇心が刺激されたという。

 「彼はそこかしこに矢印を描いた。まるでディルバートのマンガのようだった」とバーツ氏は取材で語った。「もっときちんとした構造の組織にする必要があると感じた。それはわたしが得意とするところだった。だから仕事を引き受けたのだ」

 Yahoo!は昨年、ヤン氏がMicrosoftの買収提案を拒絶したことで株価下落を招き、同氏はその責任を取る形でCEOの座から退いた。しかしバーツ氏はその後、Microsoftのスティーブ・バルマーCEOと会談を重ね、提携の可能性も含め、さまざまな問題について話し合った。

 伝えられるところによると、両社の提携の可能性としては、MicrosoftがYahoo!の検索広告事業を担当し、Yahoo!は総合ディスプレイ広告事業を運営するという形態も考えられる。MicrosoftとYahoo!は交渉に関する正式なコメントを差し控えており、バーツ氏は今年3月、話し合いは“非公式に”行われていると述べた。

 MicrosoftとYahoo!の両社はGoogleと激しい競争を演じている。米市場調査会社comScoreによると、今年3月時点でのコア検索市場におけるGoogleのシェアは63.7%で、Yahoo!の20.5%、そしてMicrosoftの8.3%がそれに続く。

 Microsoftは今週、新しい検索エンジンを発表すると伝えられている。「Kumo」のコードネームで呼ばれる新検索エンジンは、「Bing」という名前でリリースされるようだ。

 一方、検索エンジン市場でのシェア拡大を目指すYahoo!は、多数の新製品および自社のコア検索技術の機能強化を発表した。SearchMonkeyでは、ビデオ、ゲーム、スライドを検索結果に組み込めるようになった。Yahoo!の位置情報プラットフォーム「Fire Eagle」をベースとした「Friends on Fire」などのアプリケーションも、同社の製品に新たな機能を追加する。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.