ニュース
» 2010年10月18日 08時08分 UPDATE

iPadなどのタブレット販売、2014年には世界で2億台超――米Gartner予測

iPadやGalaxy Tabなどのメディアタブレットは、NetbookやKindleの市場を侵食しつつ成長し、2011年には5480万台、2014年には2億800万台販売されるとGartnerはみている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Gartnerは10月15日(現地時間)、iPadをはじめとする「メディアタブレット」市場に関する予測を発表した。同種端末の世界における2010年の消費者向け販売台数は2950万台に上ると予想している。

 2011年には前年比181%増の5480万台、2014年には2億800万台を超えるという。

 同社はメディアタブレットの定義を、タッチスクリーンを備え、iOS、Android、WebOS、MeeGoなどの軽量なOSを搭載する板状の端末としており、例として、米AppleのiPad、韓国SamsungのGalaxy Tab、米Cisco SystemsのCiusを挙げている。

 Gartnerは、メディアタブレットの普及が、ほかのジャンルのさまざまな端末に影響を与えるとみている。特に、Netbook(Gartnerはミニノートブックとしている)は、メディアタブレットの平均販売価格(ASP)が向こう2年間のうちに300ドルを切れば、最も大きく市場を侵食されるとしている。

 米AmazonのKindleのような電子書籍リーダーやゲーム専用機、音楽プレーヤーなどの単機能端末も、多機能なメディアタブレットに市場を侵食されるという。スマートフォンへの影響はほとんどないが、7インチのメディアタブレットを購入するユーザーは、高機能スマートフォンを低価格なものに買い換える可能性があるとしている。

 ビジネスシーンでは、10インチのメディアタブレットは当面、ノートPCを補完するツールとして利用される。ノートPCに置き換わることはなく、スマートフォンに次ぐ「第3の端末」という位置付けになるという。従って、従業員にメディアタブレットを買い与える企業は少ないが、仕事目的で自分で購入する個人は多いとGartnerはみている。

 また、現在ユーザー獲得のために通信契約付きでNetbookを低価格または無料で提供している通信業者(CSP)が、Netbookからメディアタブレットにシフトするという。これにより、価格が購買の障害になっているユーザーがメディアタブレットを購入するようになる。携帯ネットワークとWi-Fiを利用できるメディアタブレットの販売台数は、2010年にはメディアタブレット全体の55%に、2014年には80%になるとGartnerは予測する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -