ニュース
» 2011年01月06日 08時52分 UPDATE

2011 International CES:次期版WindowsはARMアーキテクチャをサポート

Windowsの次期バージョンはNVIDIAやQUALCOMM、TIが提供するARMベースのプロセッサでも動作すると、Microsoftが発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月5日、Windowsの次期バージョンは、ARMアーキテクチャを含むシステム・オン・チップ(SoC)設計をサポートするとConsumer Electronics Show(CES)で発表した。

 MicrosoftはNVIDIA、QUALCOMM、Texas Instruments(TI)と提携し、次期版Windowsはこれらパートナーが提供するARMベースのシステムで動作する。x86アーキテクチャに関しては、IntelとAMDがWindowsをフルサポートする省電力SoC設計を開発する。

 Microsoftはこの日、Intelのx86アーキテクチャを使ったSoCプラットフォームと、NVIDIA、QUALCOMM、TIのSoCプラットフォームで動作する次期版Windowsのデモも行った。デモではARMでネイティブに動作するOfficeも披露した。

 昨年から人気が急上昇しているタブレットマシンは、多くがARMアーキテクチャを基盤とするプロセッサを採用している。MicrosoftはARMをサポートすることで、Windowsをこの種のデバイスに拡大する狙いだ。同社はこれまで組み込み版WindowsでARMをサポートしていた。

 Windowsの次期バージョン(現時点では「Windows 8」と呼ばれている)は2012年に登場するとみられる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -