ニュース
» 2011年04月15日 10時51分 UPDATE

iOSが広告インプレッションでシェア拡大――米Millennial Media調査

広告インプレッション数ではAndroid端末がトップだが、前月からの成長率ではiOSがAndroidを上回った。VerizonによるiPhone発売や、iPadの普及が反映しているようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米モバイル広告企業Millennial Mediaが4月14日(現地時間)に発表したモバイル広告関連の統計「Mobile Mix」の3月版によると、インプレッションベースのシェアトップは前月に続いて米GoogleのAndroidだったが、米AppleのiOSがシェアを伸ばした。米Verizonが2月にiPhoneを発売したことや、iPadの普及が反映しているとMillennialはみている。

 OS別のインプレッション数(広告が表示される回数)のシェアは、首位のAndroidが48%、2位のiOSが31%、3位のカナダReseach In Motion(RIM)のBlackBerryが18%だった。前月からの成長率では、iOSが29ポイントと、Androidの23ポイントを超えた。また、モバイル端末全体に占める「Connected Devices」のシェアが前月比21ポイント増の17%になった。Millennialは、AppleのiPadや韓国SamsungのGalaxy TabなどのタブレットとiPod touchをConnected Devicesと定義している。

 millennial 1 モバイル広告インプレッションシェア。左のグラフはモバイル端末全体、右のグラフはスマートフォンのOS別(資料:Millennial Media Mobile Mix)

 スマートフォンの機種別インプレッションでは、首位は前月と変わらずAppleのiPhoneで、2位はRIMのBlackBerry Curve、3位は台湾のHTCのHTC EVOだった。上位20機種のうち、14機種がAndroid搭載端末だった。

 millennial 2 機種別インプレッション数ベスト20(資料:Millennial Media Mobile Mix)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -