ニュース
» 2012年07月12日 19時47分 UPDATE

「Imagine Cup」で初の快挙 ソフトウェアデザイン部門で日本代表が2位に

米Microsoftが世界各地で毎年開催する学生向けIT技術コンテスト「Imagine Cup」で日本代表が初の快挙。高専生のチームがソフトウェアデザイン部門で72チーム中2位になったほか、ゲームデザイン部門でも2チームがトップ10入りした。

[ITmedia]
photo 入賞した3チームのメンバー

 米Microsoftが世界各地で毎年開催する学生向けIT技術コンテスト「Imagine Cup 2012」のソフトウェアデザイン部門で、節電対策ソリューションを開発して挑んだ日本代表チーム「Coccolo」(東京工業高等専門学校)が準優勝した。日本マイクロソフトが7月12日に発表した。同部門で日本代表が2位以上になるのは史上初という。

 今年で10回目となる同大会は、オーストラリア・シドニーで7月6〜12日(現地時間)に開催。180カ国・35万人の予選参加者から選ばれた350人・105チーム(75カ国)がソフトウェアやゲームを出展し、アイデアと技術力を競い合った。

photo Coccoloの決勝プレゼンテーションの様子(提供:マイクロソフト)
photo 「全て出し切ったので悔いは残っていない」と話すCoccoloのチームリーダー・大川水緒さん

 Coccoloが出展したのは、室内の照明の度合いを自動調整する「All Lights! 〜可視光通信による省電力照明システム〜」。陽の当たる窓際やテレビの前などの「照明が不要なほどもともと明るいエリア」を自動で判断して明度を下げることで、室内全体の自律的、効率的な節電を可能にするという。

 日本国内で続く電力不安の解消を目指し、独自開発の低コストな電力モジュールやLED照明機器を組み合わせて開発した。同チームは今年4月に国内で行われた予選会で優勝し、全国大会でも同部門の72チーム中、手話に自動で音声を付けるシステムを出展したウクライナのチームに次いで2位となった。

photo マイクロソフトディベロップメントの加治佐俊一社長(日本マイクロソフトCTO)

 日本勢はこのほか、ゲームデザイン部門で「Team Blossom」(河合塾学園トライデントコンピュータ専門学校)が同部門として日本初のトップ5入りを果たしたほか、「Esperanza」(バンタンゲームアカデミー)もトップ10に入った。

 マイクロソフトディベロップメントの加治佐俊一社長(日本マイクロソフトCTO)は「今回は4月の日本大会からレベルが高かった。(Imagine Cupの国内での)知名度がもっと上がれば、もっと世界と戦える」とし、「日本国内での知名度に現状で満足するつもりはない。(今回の日本勢の好成績に)必ず触発される人がいると思う」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -