ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高等専門学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「高等専門学校」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AI・人工知能EXPO:
DXの差を生むディープラーニングの使いこなし方、人材育成が鍵に
「第5回 AI・人工知能EXPO 春」の技術セミナーに、東京大学大学院 工学系研究科 教授の松尾豊氏が登壇。DXが求められる中で、AIやディープラーニングの活用事例を披露した他、コロナが社会を変えつつある時代において、AIとディープラーニングがどのように社会や産業を変えるのか、AIの未来について解説した。(2021/6/15)

映画「呪術廻戦0」は「来たる12月24日」公開
人気アニメ「呪術廻戦」の映画「劇場版 呪術廻戦0」公開日が作中の百鬼夜行決行日と同じ、12月24日に決まった。全国の東宝系劇場で上映する。(2021/6/14)

ゲーム「呪術廻戦 ファントムパレード」発表 スマートフォン用RPGに
キービジュアルやキャラクターイラストが公開されました。(2021/6/14)

「DXの推進の一助となることを期待している」:
無償で利用できる「数理、データサイエンス、AI」の教材を公開 東京大学
東京大学の数理・情報教育研究センターは「数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム」に準拠した教材の無償公開を開始した。クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-NC-SA)で利用できる。(2021/6/10)

東大、AI・データサイエンスの基礎教材を無償公開 豊富なスライドで学べる
データサイエンスやAIリテラシーに関する基礎教材を東大が無償公開。豊富なスライドで学べる。(2021/6/9)

五条悟の“等身大フィギュア”も 入場特典は学生証 「アニメ呪術廻戦展」渋谷で夏開催
アニメ呪術廻戦の世界を追体験できる展示会が東京・渋谷で7月2日から。五条悟のオリジナル等身大フィギュアも展示する。(2021/6/4)

全部オンラインの企業に聞く:
新卒採用のオンライン化、デメリットも明らかに どう解決したのか
デジタルマーケティングを展開するメンバーズが、採用活動をフルオンライン化。どんなメリットとデメリットが分かったのか。(2021/6/4)

大学に広がるデータサイエンス教育、IT人材需要で学部新設 指導者不足が課題
膨大なデータを解析し、幅広い分野に革新をもたらす「データサイエンス」が大学教育に広がっている。ただ、現状では授業を担う指導者が圧倒的に不足しており、普及の足枷(あしかせ)となっているという。(2021/5/25)

僧侶「呪術は習わないよ」少年「ですよね……」 『呪術廻戦』を夢見る子どもの期待を裏切ってしまったエッセイ漫画が切ない
呪術高専を思い出さずにはいられない。(2021/5/7)

漫画『呪術廻戦』が4000万部突破 1カ月で400万部、1年半で16倍以上に
アニメ化により大ブレイク。1月〜2月に比べればペースはやや落ち着いたが、依然としてすさまじい勢いで伸びている。(2021/3/31)

バーチャルTECHNO-FRONTIER:
豊田喜一郎氏の言葉が息づく豊田中央研究所、目指す「2つのE」とは
オンライン展示会「バーチャルTECHNO-FRONTIER2021冬」(2021年2月2〜12日)のオンライン基調講演に豊田中央研究所 代表取締役所長の菊池昇氏が登壇。「発明とイノベーションのジレンマ〜日本の研究に足りぬ2つのE」をテーマに、同研究所の役割と、日本の研究者の課題などを紹介した。本稿ではその内容を紹介する。(2021/3/30)

「劇場版 呪術廻戦 0」2021年冬公開 特報映像もさっそく100万回再生の反響「思わず声出ました」「0巻映画化アツすぎ」
『呪術廻戦』の前日譚が原作。(2021/3/27)

第1回インフラマネジメントテクノロジーコンテスト:
橋の点検でキャラが強くなるスマホゲームの企画が最優秀賞
インフラマネジメントテクノロジーコンテスト実行委員会は、主催する「第1回インフラマネジメントテクノロジーコンテスト」で徳山工業高等専門学校のチーム「わくわくピーナッツ」が「協働促進」部門でエントリーした企画「ICT+スマホゲームによる気付けばインフラメンテ依存症!?」が最優秀賞を受賞したことを発表した。(2021/3/17)

「第3回全国高校eスポーツ選手権」でN高等学校が2冠を達成
サードウェーブは、同社が共催する「第3回全国高校eスポーツ選手権」の結果発表を行った。(2021/3/16)

「座る呪術廻戦」ミニフィギュアが3月13日より予約開始 高専も呪霊も勢ぞろいの25体セット
棚の角に座らせられるかわいいフィギュア。(2021/3/12)

月を目指す日本人宇宙飛行士の募集に向けJAXAがイベント 18日にYouTubeで 募集条件の緩和も
JAXAは月などで活動する日本人宇宙飛行士の募集に先立ち、2月18日にオンラインイベントを開催する。募集は21年秋頃を予定している。(2021/2/9)

100日連続更新を完遂した『コンビニ・オブ・ザ・デッド』が1位に 1月29日〜2月5日のねとらぼ人気漫画ランキングTOP10
『コンビニ・オブ・ザ・デッド』の単行本は描き下ろしのストーリーも掲載されているとのこと。(2021/2/5)

建設業の人材動向レポート(29):
「学校基本調査」に見る新卒者の建設技術者への就職動向
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートしている。今回は、文科省の「学校基本調査」をベースに、建設業界に入職する学生数についての人材動向をレポートでまとめている。(2021/2/3)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(9):
最新のFMに触れる、そして学ぶ方法(上)−Webセミナーに参加する−
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、JFMAが毎年開催している日本ファシリティマネジメント大会(通称:FMフォーラム)が2021年2月17日に開幕することを受け、合計70から成るセッションの概要を紹介する。(2021/2/2)

漫画『呪術廻戦』が異例の売れ行き 40日で1000万部上乗せ、累計2500万部突破
週刊少年ジャンプの連載作がアニメ放送を機に人気爆発。(2021/1/26)

オリコン週間コミックランキング、『呪術廻戦』が2位〜16位を独占
1位は『進撃の巨人』。(2021/1/22)

モノづくりスタートアップ開発物語(7):
AIロボットでイチゴの受粉を自動化、世界中の食糧問題解決を目指すHarvestX
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第7回は、開発が困難とされる果物の植物工場を、AI搭載のロボットで実現しようと取り組むHarvest Xを紹介する。同社はイチゴの栽培を研究ターゲットにする。一般的にイチゴはミツバチによって受粉するが、じつはこの受粉過程がとても悩ましい問題だった。(2021/1/19)

自然エネルギー:
コイの養殖場の水路で発電、石川県で「ナノ水力発電」の実証実験
金沢工業大学、国際高等専門学校、東プレは2020年12月14日、石川県白山市にある養鯉(こい)場でナノ水力発電の実証実験を開始したと発表した。養鯉場に養殖目的に給水されるパイプラインを活用した小水力発電だ。(2020/12/21)

テレビアニメ「呪術廻戦」、追加キャスト発表 顔ぶれの豪華さに「キャストが濃い」「全員主役級」などの声
収録現場の熱量がすさまじそう。(2020/12/19)

コロナも影響したか:
年末年始、「期間限定で働きたい」人が増加? コロナ禍で「すぐにお金が欲しい」
アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」の会員に「年末年始に期間限定で働きたいですか?」と質問。1年前の調査と比較して、働きたいと回答した人の割合が増加した。(2020/12/12)

叶恭子、“アート・コスプレ”最新作は『呪術廻戦』五条先生! マーベラスな仕上がりにトキメキが止まらない
恭子さんが扮(ふん)すると、イケメン度が青天井に。(2020/12/3)

本物じゃねーか! マレーシアのコスプレイヤー、完璧すぎる『呪術廻戦』五条悟を披露してしまう
八犬さんからのコメントも。(2020/11/27)

メカ設計ニュース:
切削加工コンテスト受賞作品を発表
DMG森精機は、「第15回切削加工ドリームコンテスト」の受賞作品を発表した。日本国内で加工業に携わり、切削型工作機械、先端加工機を使用している企業、学校、研究機関を対象にしたコンテストとなる。(2020/11/27)

10月にデータカタログサイトをオープン:
PR:DX先進県・広島県の湯崎知事に聞く いま、本当にDXのために必要なもの
「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が一種のバズワードとして広がりを見せ、アフターコロナを見据えた競争力維持のために、今やあらゆる業種業界の垣根を超え、避けて通れないものとなっている。いま、DXのために必要なものとは何だろうか。自治体として早くからデジタル活用・DX推進に取り組み、10月にはオープンデータなどを提供する「データカタログサイト」をオープンした広島県の湯崎英彦知事にインタビューした。(2020/12/1)

ロボットイベントレポート:
「シミュレーションと現実のギャップ」を伝える、AWSの学生向けロボットレース
AWSジャパンは2020年9月15日、自作のアプリケーションを用いて実機ロボットでレースを行う学生向け大会「AWS Robot Delivery Challenge」の本選と決勝ラウンドを開催した。ロボット開発においてシミュレーションは今や欠かせないツールだが、シミュレーション環境で開発したアプリケーションを現実世界の実機で動かすことの難しさを、大会を通じて理解してもらいたいと主催者は語る。(2020/10/9)

コロナ禍で行政に“爆速”貢献:
Code for Japan 関氏が語る「自治体、企業がオープンソースに取り組むべき理由」
オープンソースソフトウェアを利用したサービスやソフトウェアの開発が珍しくなくなった中、新型コロナをきっかけにオープンソースで公開された東京都の感染症対策サイトが大きな注目を集めた。立ち上げの中心となったCode for Japanの関氏に話を聞いた。(2020/9/30)

本社機能を分散:
「島流し」は誤解? パソナ1200人の淡路島移転、副社長に疑問をぶつけた
パソナグループが、東京にある本社機能の一部を淡路島に移す。移転の目的は? 従業員の反応は? 島への経済効果は? 副社長に疑問をぶつけた。(2020/9/17)

PR:PCは便利なものだと感じてほしいから――娘にスタディパソコン「mouse E10」を勧めた結果
我が家の娘(小3)は、デジタルネイティブだ。物心ついた頃からデジタルの便利さや柔軟性に触れて育ってきた。けれど、手にしているのはタブレットだったりスマホだったり、あるいは友達の家でプレイしたゲームコントローラーだったりする。PCネイティブではない彼女の最初のマイPCには何が良いだろう? そう考えていたとき、PC USER編集部からマウスコンピューターのスタディパソコン「mouse E10」が届いた。(2020/9/9)

PR:2年かけて新卒を“AI人材”にした結果 “積極的社内教育”に乗り出したダイキンが見た課題とその乗り越え方
(2020/9/4)

セキュリティ・アディッショナルタイム(44):
初のオンライン開催「第15回情報危機管理コンテスト」決勝戦――リモート環境で新たに気付いたセキュリティ人材育成の知見とは
2020年5月29、30日に「第15回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が開催された。運営側は、競技、審査、その模様のライブ配信を全てオンラインで行うという初の試みに挑んだ。(2020/9/1)

マウス、学習向け2in1タブレット「mouse E10」に学生・教職員向けの割引サービスを用意
マウスコンピューターは、学生・教職員向けの割引サービス「マウスの学割」を発表した。(2020/8/31)

組み込み開発ニュース:
オンラインで無償利用可能なFPGAの利用環境を開設
アダプティブコンピューティング研究推進体は、オンラインで無償利用できるFPGAの利用環境として「ACRiルーム」を開設した。100枚超のFPGAボードおよび開発用ソフトウェアをリモートで利用できる。(2020/8/27)

高い溶解性と移動度を両立:
製造プロセスの適合性が高い有機半導体を開発
東京大学や富山高等専門学校、筑波大学らの研究グループは、蒸着法や印刷法などの製造プロセスを適用して、高性能の有機半導体「C▽▽10▽▽-DNS-VW」を開発した。安価な電子タグやマルチセンサーの実用化を加速する。(2020/8/25)

「人生の後悔を1つだけ消せる」としたら? 死神に選択肢を突きつけられた少年の漫画に反響
(2020/7/18)

KDDI、コロナ休校の高校生を支援 9月1日からイーオン英会話レッスンを4カ月間無償提供
KDDIは、新型コロナウイルス感染症防止のための休校により学習が困難になった高校生の教育環境を支援。9月1日〜12月31日にイーオンの英会話レッスンを1万人へ無償提供する。(2020/7/7)

ドローン競技会:
PR:モデルベースデザインで学生が鎬を削るドローン競技会、優勝の決め手は何?
モデルベースデザイン環境「MATLABおよびSimulink」で知られるMathWorksが、学生向けのドローン競技会「MathWorks Minidrone Competition」を開催した。共通のドローン機体が貸与され、ソフトウェア開発に専念できることや、予選はシミュレーションだけで行い、決勝でのみ実機体を使うことなどさまざまな特徴がある。主催者のMathWorks Japanに開催の狙いを聞くととともに、第1回大会で優勝した千葉工業大学チームに話を聞いた。(2020/7/1)

安全と学習機会の両立を目指して
遠隔で技術者を育成する方法とは 仙台高専がオンライン授業で得た気付きと課題
感染症対策と学習の機会を両立させるため、遠隔授業に取り組む動きが広がっている。仙台高専は「コロナ禍」以前からMicrosoft Teams Roomsを活用した「遠隔授業配信パッケージ」を用いて海外への留学生に向けた遠隔授業に取り組んでいた。(2020/6/25)

ドローン:
ドローン橋梁点検手法「君津モデル」全国展開へ
アイネットは、君津市や木更津工業専門学校など4団体の連携パートナーと協力し、ドローンを活用する橋梁点検手法の実証実験を行った。従来の点検手法と比べると、点検の簡易化やデータのスピーディーな共有、AIによる高精度のひび割れ診断、コスト削減効果などが見込めることから、今後「君津モデル」として全国展開していく。(2020/6/19)

ETロボコン2020:
2020年のETロボコンはオンライン上で開催!前回大会からの変更点は?
ETロボコン実行委員会は「ETロボコン2020」の全プログラムをオンライン上で開催し、競技形式をシミュレーターを活用したものに切り替えると発表。前回大会からの変更点についてETロボコン実行委員会に話を聞いた。(2020/6/4)

サードウェーブ、ネット回線とゲーミングPCを1年無償で提供する「高校eスポーツ部支援プログラム」
サードウェーブは、スポーツ部を発足した高校向けの無償貸与プログラム「高校eスポーツ部支援プログラム」の受付を開始した。(2020/6/1)

テクトロニクス TBS2000Bシリーズ:
実習機能内蔵の200MHzデジタルオシロスコープ
テクトロニクスは、デジタルオシロスコープの新製品「TBS2000B」シリーズを発表した。レコード長5Mポイント、周波数帯域200MHz、最高サンプルレート2Gサンプル/秒の性能を提供する。(2020/5/20)

おしえて、キラキラお兄さん:
エンジニアに学歴は必要ですか?
僕は「自由」なわけじゃない、「自分勝手」なだけだ――HAL9000に憧れてIBMに入社し、同社初の“ドクター未満”で研究所所員となった米持幸寿さんは、自身のキャリアを振り返って、こう評す。人に恵まれ、運に恵まれ、何より努力を重ね、やりたいことを実現してきた米持さんの挫折と、過去の自分への恨みを晴らした出来事とは。(2020/5/18)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

自撮り映像で作ったポカリの新CM「NEO合唱」がエモい 集まって撮影する予定を急きょ変更
自撮りだけど「合唱」。(2020/4/21)

反復練習をコンセプトに:
プログラミングを「体で覚える」 LABOTが学習サービス「写経」を期間限定で無償提供
LABOTは、タイピングゲームのようにソースコードを入力することでプログラミングを学習するサービス「写経」を、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関や、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。(2020/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。