ニュース
» 2013年10月04日 10時00分 UPDATE

IT4コマ漫画:iPhoneの買い替えは「s派」がお得?

1年おきにメジャー/マイナーバージョンアップを繰り返すiPhone。過去を振り返ってみると、意外と「s派」のほうが得をしているかも……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第40回目。

[有江敬寛,IT向上委員会]

(このコンテンツは「有江's IT4コマ漫画 【IT向上委員会】」からの転載です。一部を変更しています。)

iPhoneの買い替えサイクル

photo

 こんにちは、有江です。NTTドコモのiPhone参入で、国内3キャリアから選んで購入できるようになりました。

 ちなみに各社とも「実質0円」をうたうキャンペーンを展開していますが、0円といっても何万円もするiPhoneが本当にタダになるわけではありません。スマホを購入する際、多くの人は2年間の分割払いローンを組むと思います。そこで各キャリアは、月々の分割金とほぼ同額を毎月の利用料金から差し引くキャンペーンを展開しており、2年間の割引額がスマホの本体価格とほぼ同額になるため、「本体は実質0円」とアピールしているわけです。

 キャンペーン名称や細かいルールはキャリアごとに異なりますが、基本的な仕組みは同じです。

  • ソフトバンクモバイル「月月割」
  • KDDI「毎月割」
  • NTTドコモ「月々サポート」

 こうした仕組みがあることから、2年サイクルでiPhoneを新型に買い替えている人が多いようです。新iPhoneは約1年おきにリリースされていますが、あなたは“メジャーバージョンアップ派”ですか? それとも、“s(マイナー)派”ですか? ちなみに私はメジャー派ですが、過去2回を振り返ると「s」が出るタイミングで新たなキャリアが参入しているので、ちょっと損してる気がします。では、また次回をお楽しみに。

photo

有江敬寛 ケーティーコンサルティング専務取締役。ITに携わる全ての人のITスキル向上を目的として「IT向上委員会」を設立、委員長を務める。現在ワコムのペンタブレット「WACOM Bamboo Comic」とセルシスの漫画制作ソフト「Comic Studio Pro」を利用して「IT4コマ漫画」を執筆中。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -