ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年10月06日 10時07分 UPDATE

「Facebook Messenger」の暗号化「秘密のスレッド」が利用可能に

「Facebook Messenger」のチャットを端末間をエンドツーエンドで暗号化する「秘密のスレッド」機能が、最新版iOS/Androidアプリで使えるようになった。利用するにはオプトインする必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが7月に予告していた「秘密のスレッド」機能がiOSおよびAndroid版最新公式アプリで利用できるようになった(ヘルプページによると、本稿執筆現在一部のユーザーはまだ使えないようだ)。

 秘密のスレッドは、メッセンジャーでの会話をエンドツーエンドで暗号化する機能。同社傘下のWhatsAppに4月に搭載された「Signal Protocol」という暗号化技術を採用しており、ハッカーや悪意のある国家、Facebook自身も解読できないとしている。

 利用するには、Facebook Messengerの新規作成(+)ボタン→[メッセージを作成]→画面右上の南京錠アイコンをタップして有効にする(Androidの場合)。

 secret 1 右上の錠前アイコンをタップする(左)、初回に表示される告知(右)

 秘密のスレッドは、そのスレッドを開始した端末同士の間でのみ使える。

 テキストのメッセージ、画像、スタンプは送受信できるが、動画、音声、GIF画像、支払い、音声/動画チャット、グループメッセージはサポートしていない。

 メッセージを5秒〜24時間後に消えるようにタイマーを設定できる。設定するにはテキストボックスに表示されているタイマーマークをタップし、秒数を選択してからテキストを入力する。タイマーがセットされた投稿の横にはカウントダウンが表示され、設定した時間になると画面から消える。

 secret 2 スタンプも投稿できる(左)、消えるメッセージのタイマー設定(右)

 すでにスレッドがある相手と秘密のスレッドを始めると、アプリには2つの別のスレッドが表示され、秘密のスレッドにはプロフィール画像の横に南京錠アイコンが表示される。

Messenger Secret Conversations from Facebook on Vimeo.


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.