ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WhatsApp」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WhatsApp」に関する情報が集まったページです。

Androidにこの冬追加予定の7つの新機能 BMWの「デジタル・キー」対応など
Googleは、Android端末で使えるようになる7つの新機能を紹介した。Googleアシスタントの「ファミリーベル」や新ウィジェットなどだ。BMWの「デジタル・キー」にも一部機種が対応する。(2021/12/3)

この頃、セキュリティ界隈で:
不正侵入からスパイ活動まで、闇社会で台頭する「雇われハッカー」ビジネス
闇社会で、さまざまなサイバー攻撃を請け負う「雇われハッカー」ビジネスが台頭している。Void Balaurという組織では、電子メールやSNSアカウントのハッキングサービスを展開しており、被害に遭った組織や個人は世界で3500を超す。(2021/11/17)

FacebookやInstagramの広告ターゲティングオプション、健康、人種や政治的傾向は削除に
Meta(旧Facebook)は、FacebookやInstagramなどのサービスの広告ターゲティングで、「デリケートと見なされるオプション」を削除すると発表した。人種や民族、宗教的見解、政治的信念、性的指向、健康などに関連するものだ。2022年1月19日から実施する。(2021/11/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
フェイスブックの社名変更に勝算はあるか
元社員の内部告発などスキャンダルのど真ん中にあるフェイスブックが、社名を「メタ(Meta)」に変更した。この名称変更に勝算はあるのだろうか。(2021/11/4)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【後編】
「電子処方箋」が抱えていた「SMS送信」管理問題とは? どう解決したのか
電子処方箋のSMS送信は患者や医師、薬剤師の利便性を高める一方、複数の処方箋を利用する患者にとって管理が煩雑になる課題があった。この問題を解決するために、ベンダーはどう取り組んだのか。(2021/11/4)

Metaさん:
ザッカーバーグがメタバースに全集中する背景を考える
いつもはGoogleの話をする連載「Googleさん」ですが、今回は番外編で社名変更したMeta(旧Facebook)の話、「Metaさん」です。「メタバース」に全集中するための社名変更と彼は言うのですが……。(2021/11/1)

Facebook Connect基調講演まとめ 社名変更は「One more thing...」として最後に発表
Facebookの8回目になるVR/ARイベント「Facebook Connect」の発表内容をまとめた。最も話題になった社名変更は「one more thing」として最後に発表。イベントの中心はメタバースについてだ。(2021/10/29)

「Meta」になったFacebook 日本法人は当面「Facebook Japan」のまま
Facebook Japanが、社名を変更する方針がないことを明かした。(2021/10/29)

Facebookの新社名は「Meta」に メタバースに注力
米Facebookは新社名を「Meta」にすると発表した。同社のオンラインカンファレンス「Connect 2021」にて、同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が明言した。(2021/10/29)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【中編】
「電子処方箋」交換サービスがTwilioのAPIを採用した理由 「SMS品質」が鍵に
オーストラリアが電子処方箋制度を開始する際、そのシステムの開発を手掛けたベンダーは、電子処方箋の交換手法としてTwilioのコミュニケーションAPIを採用した。その理由は。(2021/10/28)

利用者急増のロシア発通信アプリ「Telegram」使ってみた 秘匿性高く悪用の懸念も受け皿の一つに
FacebookやInstagram、WhatsAppで大規模障害が発生した際、約7000万人のユーザーを獲得したのがロシア発のTelegramだ。秘匿性が高いため悪用を懸念する声もあるが、専門家は「LINEに問題があれば受け皿となる可能性もある」との見方を示す。(2021/10/22)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うのでしょうか。(2021/10/15)

InstagramとFacebookでまた障害発生(約2時間で復旧)
Facebook、Instagram、WhatsApp、Messengerでまた障害が発生。Facebookが公式ツイートで対応中と告知した1時間後にはほぼ復旧した。(2021/10/9)

Facebookサービス停止の裏側、Cloudflareが見た世界
Facebookが約5時間半に渡ってアクセス不能に陥った。CDN大手のCloudflareがこの事件の成り行きをBGPデータから分析し、サービス停止の様子を詳細に伝えている。(2021/10/5)

Facebook、約6時間にわたる障害について謝罪「原因はコンフィグ変更時のミス」
Facebookが約6時間にわたってFacebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp、Oculusが使えなくなったことについて謝罪し、原因はバックボーンルータのコンフィグ変更ミスだと説明。「コンフィグ変更の誤りであると考えていることを明確にしておきたい」。(2021/10/5)

Twitter、Facebookダウンの影響で一時繋がりにくく(解決済み)
Facebook、Instagram、WhatsAppなどがダウンする中、Twitterへのアクセスが急増した。Twitter公式は「文字通りすべてのみなさん、こんにちは」とツイート。Twitterでも一時問題が発生したが、現在は復旧している。(2021/10/5)

FacebookのInstagramを含むすべてのサービスに障害 社内でのBGP更新が原因と専門家【復旧済み】
Facebookの一連のサービスが日本時間の10月5日午前0時40分ごろからグローバルでダウンしている。Facebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp、Oculusにログインできない状態だ。専門家はFacebook社内でBGP(Border Gateway Protocol)レコードが更新されたことが原因と指摘する。(2021/10/5)

Googleさん:
うんち×カップケーキ=? Androidユーザーだけが使えるGoogle手作りスタンプの妙
2つの絵文字をマッシュアップしてスタンプにするGoogleの「Emoji Kitchen」。TwitterやInstagramで使える、Gboardの機能です。(2021/10/3)

Facebookのスマートグラス「Ray-Ban Stories」発売 299ドルから
FacebookはRay-Banと共同開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。北米などで発売した。価格は299ドル(約3万3000円)から。写真や動画の撮影、通話などができるが、AR機能は搭載しない。(2021/9/10)

Facebook傘下のWhatsAppにGDPR違反でアイルランドが約293億円の制裁金
Facebook傘下のWhatsAppがEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、アイルランドが2億2500万ユーロ(約293億円)の制裁金を科すと発表した。GDPRの制裁金としては7月のAmazonに次ぐ高額さだ。(2021/9/3)

LinkedIn、「ストーリーズ」を9月末に終了
LinkedInは昨年2月から提供している「ストーリーズ」機能を9月30日に終了する。ユーザーは24時間で消えてしまうより、プロフィールに残る動画を望んでいると分かったためとしている。(2021/9/1)

FacebookやYouTube、タリバンとみられるアカウント削除へ BBCなど報道
イスラム原理主義勢力タリバンがアフガニスタン全土で権力を掌握したことを受け、FacebookやYouTubeなどがタリバン関連のコンテンツを削除する方針を明かした。英BBCなどの海外メディアが報じている。(2021/8/18)

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き
Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。(2021/7/9)

OperaブラウザのAndroid版がChromebook対応
OperaがOperaブラウザのAndroid版をChromebookに最適化した。無料VPNや広告ブロック機能など、Operaの機能を利用できる。(2021/7/5)

Facebookを独禁法でFTCと48州が提訴した裁判、連邦地裁が棄却
FTCと48州がFacebookを独禁法違反で提訴した裁判で、連邦地裁は両者の申し立ては法的に不十分として棄却した。ただし、FTCが主張の根拠を説明するよう訴状を修正すれば、裁判は継続する。(2021/6/29)

Instagramで見つけたグッズのショップを検索できるビジュアル検索機能
Facebookは傘下のInstagramの新機能「ビジュアル検索」を発表した。投稿をタップすると類似品を購入できる。将来的にはカメラに写したグッズも検索できるようにする計画。(2021/6/23)

プライバシー重視検索エンジンDuckDuckGo、「収益は年間1億ドル以上、1億ドル以上の調達も」
「あなたを追跡しない検索エンジン」を謳うDuckDuckGoが、検索トラフィックが過去1年で55%増加したと発表した。「データ収集とターゲティングを減らせば、フェイクニュースの急速な拡散、フィルターバブルによる政治的二極化、広告の悪用などの問題を抑制できる」と主張。(2021/6/17)

Google、Androidの7つの新機能予告 「メッセージ」のE2EEや★追加など
GoogleはAndroidに今夏ごろに追加する予定の7つの新機能を紹介した。「メッセージのE2EE対応や重要なメッセージに★をつけること、アシスタントのショートカットの増加などだ。(2021/6/16)

Facebook年次開発者会議「F8 Refresh」基調講演で発表されたことまとめ
Facebookは2年ぶりに年次開発者会議を「F8 Refresh」としてオンラインで開催した。その基調講演で発表されたことをまとめる。ビジネス向けツールや「Spark AR」の新API、AIフレームワークの「Pytorch」の進捗などが発表された。(2021/6/4)

「成長」か「安定」か:
「Born Digital」世代の従業員と経営層のギャップが世界的に拡大、Citrix調査
シトリックスは、「デジタル世代」が企業利益に及ぼす影響力に関する調査結果を発表した。調査からは、「デジタル世代」が求める働き方と、経営層が考える「デジタル世代」の求める働き方に大きな乖離(かいり)があると判明した。(2021/6/2)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

日本の従業員、デジタルツール使用にまさかの”弱腰” ガートナーの世界調査で課題が明らかに
日本企業は世界の主要8カ国と比べて、従業員のデジタルスキルの自己評価以外でも最下位だった。浮かび上がった課題とは。(2021/5/11)

中小ビジネス支援の取り組みを強化:
Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策を行っている。関連機能について紹介する。(2021/4/22)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco SystemsがCPaaS事業のIMImobileを買収 その狙いは?
Cisco Systemsは、CPaaS(Communications Platform as a Service)を提供するIMImobileの買収を完了した。IMImobileを買収したことで、Cisco Systemsのサービスはどう変わるのか。(2021/4/12)

EE2EメッセージングアプリSignal、暗号通貨による送金機能のβテストを開始
エンドツーエンド暗号化メッセージングアプリ「Signal」が、暗号通貨による送金機能のβテストを開始した。扱うのはMobileCoinの通貨。SignalはFacebookのザッカーバーグCEOもユーザーであると報じられ、注目を集めた。(2021/4/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本にとって“渡りに船”だったのか? LINE騒動はゴタゴタ中
LINEの個人情報が、中国からアクセスされているとして大騒動に。多くのユーザーは以前と同じように使っていると思うが、3月に合併したヤフー側はこの騒動をどのように受け止めているのだろうか。(2021/3/29)

Facebookの年次開発者会議、今年は「F8 Refresh」として6月2日にオンラインのみで
2020年はコロナ禍で中止になったFacebookの年次開発者会議が「F8 Refresh」として戻ってくる。6月2日にオンラインのみで開催され、ザッカーバーグCEOによる基調講演はない見込みだ。(2021/3/24)

InstagramなどFacebookのサービスが約1時間ダウン 「技術的な問題で」
Instagramをはじめとする一連のFacebookサービスが日本時間の3月20日午前1時40分ごろからダウンし、約2時間後にほぼ復旧した。(2021/3/20)

Facebook決算、“巣ごもり需要”で過去最高 Appleの規制による“逆風”を予測
Facebookの2020年第4四半期(2020年10〜12月)の決算は、新型コロナの“巣ごもり需要”により、売上高、純利益ともに過去最高だった。次四半期については、AppleがiOS 14で開始するデータ収集申告機能がターゲティング広告の“逆風”になるとしている。(2021/1/28)

15のメッセージングサービスを1アプリで使える「Beeper」登場 Androidで「iMessage」も
Slack、Twitter、Telegramなど15のメッセージングサービスを1つの受信ボックスで利用できる新アプリ「Beeper」。月額10ドルのサブスク制で、AndroidでiMessageを利用することもできる。Fitbitに買収されたPebbleの創業者などが開発した。(2021/1/22)

全15カテゴリーの上位3技術を調査:
2020年に躍進したWeb技術は? 「Web Technologies of the Year 2020」をQ-Successが発表
Q-SuccessはさまざまなWeb技術カテゴリーについて、2021年1月1日までの1年間に使用サイト数が最も増えた上位3つの技術を調査した結果を発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど15種類の技術を調べた。(2021/1/21)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【前編】
バイデン政権誕生で「GAFAの解体」が進むのか?
反トラスト政策を支持する勢力は、バイデン政権が反トラスト関連の訴訟や法制化を進めると予想する。本当にそうなのか。(2021/1/20)

Telegram、2021年から広告でのマネタイズ開始 MAU5億人で苦渋の選択
エンドツーエンドで暗号化された無料メッセージングアプリ「Telegram」のドゥーロフCEOが、MAUが5億人に近づいたため、維持するためのマネタイズを開始すると発表した。メインサービスには広告を表示せず、無料での提供を続ける計画だ。(2020/12/24)

欧州連合、IT大手を規制する2つの法案を発表 企業買収の事前通知や不適切投稿の迅速な削除を義務付け
欧州委員会は、IT企業を規制する2つの法案「デジタルサービス法」と「デジタル市場法」を発表した。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT大手が対象になる。(2020/12/16)

米当局がFacebookを独禁法違反で提訴 Instagramの売却など求める
違法に独占を維持したとして米連邦取引委員会(FTC)が提訴。(2020/12/10)

Facebookを米FTCと46州が独禁法違反で提訴
FacebookのInstagramとWhatsAppの買収は独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会と米国の46の州とワシントンD.C.、グアムの司法長官が、Facebookを提訴した。Facebookは法廷で争う姿勢を示した。(2020/12/10)

ファミリーアプリユーザー数は全世界で32億人に:
Facebook Japanの2020年振り返り コロナ禍で中小ビジネス支援とECシフトに注力
コロナ禍でオンラインのつながりが重要視されるようになった2020年、Facebook Japanはどのような取り組みを行ったのか。オンライン開催された事業戦略説明会における発表から、ビジネス面で注目すべき点を紹介する。(2020/12/8)

Facebook決算、広告が好調で2桁台の増収増益 広告ボイコットの影響は微小
Facebookの7〜9月決算は、売上高は22%増、純利益は29%増と好調だった。7月に広告ボイコット運動があったが、広告の売上高が22%とほとんど影響を受けなかった。FacebookのMAUは12%増の27億4000万人。(2020/10/30)

日本を含む7カ国、エンドツーエンド暗号化コンテンツへの公的接続を可能にするよう要請する国際声明
いわゆるファイブアイズと日本、インドが、IT企業に向けた共同声明を発表した。犯罪捜査のため、エンドツーエンド暗号化(E2EE)コンテンツに法執行機関がアクセスできるようにという要請だ。(2020/10/12)

開発や協業が進む:
自動車では「視線検知/制御」に注目すべき
現在、自動運転車に対する熱狂が高まる中で、車載用の視線検出やDMS(ドライバーモニタリングシステム)の果たす役割が忘れ去られてしまっていないだろうか。視線検出や視線制御の分野では、技術開発や協業が進んでいる。(2020/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。