ニュース
» 2004年02月03日 16時37分 UPDATE

エプソンダイレクト、BTOオプションにPrescottコアのP4追加

PrescottコアのPentium 4/2.8E GHz、同3E GHz、同3.2E GHzと、NorthwoodコアのPentium 4/3.4GHzが搭載可能に。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは、同社のタワー型デスクトップPC「Endeavor Pro2500」と「Endeavor MT7500」のBTOオプションに、PrescottコアのPentium 4などを追加した。

yu_epson01.jpg

 Pro2500は、PrescottコアのPentium 4/2.8E GHz、同3E GHz、同3.2E GHzと、NorthwoodコアのPentium 4/3.4GHzが、MT7500はPentium 4/2.8E GHz、同3E GHz、同3.4GHzが選択できる。

 Pro2500の構成例と価格は、Pentium 4/2.8E GHz、512MバイトデュアルチャネルDDR SDRAM、40GバイトHDD、CD-ROMドライブ、GeForce2 MX400、Windows XP Home Edition搭載で9万4000円。CPUをPentium 4/3.4GHzに変えると14万9000円になる。

 MT7500の構成例と価格は、Pentium 4/2.8E GHz、512MバイトデュアルチャネルDDR SDRAM、40GバイトHDD、CD-ROMドライブ、Windows XP Home Edition搭載で8万2000円。CPUをPentium 4/3.4GHzに変えると13万7000円になる。

 また同時に、デスクトップPC「Endeavor MT7300」「同AT950」「同PT4300」のBTOオプションにCeleron/2.8GHzを追加した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう