ニュース
» 2004年02月10日 15時45分 UPDATE

ソニー、ATRAC3plusダイレクト録音可能なネットワークウォークマン

ソニーは、携帯音楽プレーヤー「ネットワークウォークマン」の新製品「NW-MS77DR」を3月10日に発売する。USBクレードルにATRAC3plusエンコーダを組み込んだ。実売予想価格は3万8000円前後。

[ITmedia]

 ソニーは2月10日、携帯音楽プレーヤー「ネットワークウォークマン」の新製品「NW-MS77DR」を3月10日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は3万8000円前後。

yu_sony_01.jpg

 昨年発売した「NW-MS70D」(関連リンクを参照)の後継モデル。内蔵した256Mバイトメモリに、ATRAC3plus/ATRAC3形式の音声を収録して再生できる。前モデルと同様、48KbpsのATRAC3plusなら約11時間40分、64Kbpsなら約5時間20分の記録が可能。新たに256Kbpsでも約2時間記録できるようになった。

 付属のクレードルはデザインや機能を一新した。新たにATRAC3plusエンコーダを内蔵、クレードルに備えた光デジタル/アナログ兼用ミニプラグにオーディオ機器を接続すれば、音声をATRAC3plus形式にエンコードして録音できる。録音ビットレートは64Kbpsか48Kbps。

yu_sony_02.jpg

 PCとはクレードルのUSB端子で接続する。付属の音楽管理ソフト「SonicStage Ver.2.0」を利用すれば、本体内の音楽データをPCにアップロードできる。一つの音楽データのPCへのアップロードは3回まで。

 内蔵したニッケル水素充電池で、ATRAC3plusなら約36時間、ATRAC3なら約44時間の連続再生が可能だ。マジックゲート対応メモリースティックDuoスロットを備えた。

 サイズは36.4(幅)×48.5(高さ)×18(奥行き)ミリで、重さは54グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう