PUPdate流 HDD大研究

Special
2004/02/14 00:05:00 更新


デジタルアニメ最前線における外付けHDDの重要性〜GONZOの場合 (1/3)

早くからフルデジタルアニメーションを手がけてきたアニメ制作プロダクション「GONZO」。地上デジタル放送など高品位な映像が求められる中で、デジタルアニメ制作におけるデータの肥大化の現状と課題、そしてその解決策について話を聞いた。

 (株)ゴンゾ・ディジメーションは、G.D.H.グループの中核として、アニメーションの企画、開発、制作を中心業務としている映像制作プロダクションだ。同社は、1992年に前田真宏氏、山口宏氏、樋口真嗣氏、村濱章司氏(現・代表取締役社長)の4名の新進気鋭のクリエイターが映像グループ「GONZO」を結成してスタートした。

 これまでTVやゲームなどのさまざまな映像制作に関わってきたが、1997年に初の本格アニメーション作品『青の6号』を制作して一躍脚光を浴びてからは、フルデジタル作品のトップランナーとして注目されてきた。

ho_kanban.jpg

ho_yukikaze.jpg

「戦闘妖精雪風」(c)2002神林長平・早川書房/バンダイビジュアル・ビクターエンタテインメント・GONZO OVA全5巻 DVD3巻好評発売中(バンダイビジュアル)

 (株)ゴンゾと(株)ディジメーションが合併してゴンゾ・ディジメーションとなった2002年には、10周年記念作品として『戦闘妖精雪風』をリリースし、東京国際アニメアワード最優秀作品賞(OVA部門)を受賞した。最新作としては、卓越した映像美が話題となった『LASTEXILE(ラストエグザイル)』、新撰組をテーマにした『PEACE MAKER鐵』や初のキッズ向け作品となる『カレイドスター』、さらに初の劇場用作品『SPIRIT』などを手がけている。

 デジタル化が加速するアニメーション制作の現場における今後の課題は、HD(High Deffinition)への対応などによる肥大化するデータの取り回しをどうするかということだ。この課題について、一貫してフルデジタル制作を行ってきた同社がどのように考えているか、同社デジタル部VFXの吉岡宏夫氏、同部2DVFXチーフの林コージロー氏にお話をうかがった。

ho_twin.jpg

デジタル部・2DVFXチーフの林コージロー氏(右)と、デジタル部VFXの吉岡宏夫氏(左)

サーバメインの制作環境

 現在の制作環境はどのようになっていますか?

「Windows環境でAdobe After Effectsをメインに撮影環境を整えてます。Adobe After Effectsは価格もこなれていて導入しやすいですし、MacバージョンもWindowsバージョンもあり、プラグインも豊富にありますから。将来的には64ビットCPUにロングホーン(Windowsの次期バージョン)をのせて、Adobe After Effectsがネイティブで動くようになれば未来が見えるかなと(笑)」(吉岡氏)。

「マシンスペックの方は、CPUがハイパー・スレッディング・テクノロジのPentium 4の3GHzです。3Dの部門ではXeonのDualが入っていますが、撮影の方でも次に導入するマシンはそれぐらいのものは欲しいと思っています」(林氏)。

 Adobe After Effectsが64ビットに対応するのが要になりそうですね。内蔵HDDはどのぐらいのものを使っていますか?

「内蔵は意外に少なくて80Gバイトぐらいですね。基本的にサーバメインで作業していますので」(林氏)。

コンパクトにまとめても、一話=約50Gバイト

 作品のデータ量はやはり大きいと思いますが、どの程度になるのでしょう?

      | 1 2 3 | 次のページ

[チバヒデトシ,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PUPdate流 HDD大研究

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。