レビュー
» 2004年04月16日 23時47分 UPDATE

自動調光で小型・大光量――外部ストロボ「PZ40X」のススメ (1/2)

光量不足に悩むDSLRの強い味方となる外部ストロボ。自動調光対応の“純正”が一番だが、大きい/重い/高価なのが難点。サンパックの外部ストロボ「PZ40X」は、自動調光/大光量/パワーズーム/バウンス/光量調整といった多機能を小型ボディに凝縮。手頃な価格も魅力だ。

[西坂真人,ITmedia]

 EOS Kiss Digitalの内蔵ストロボは非力だ。

 光量の指針となるガイドナンバー(G.N)はたった13しかなく、Kiss D標準ズームでの撮影可能距離はワイド端で最大3.7メートル/テレ端で最大2.3メートル(EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM使用時)しかない。しかも、調光補正やマニュアル光量調整もできない。

photo

 もっとも、DSLR(レンズ交換式一眼レフデジカメ)の内蔵ストロボなど“オマケ”みたいなもの。キヤノンに限らずどのメーカーも内蔵タイプはG.N12前後ぐらいだ。またプロ向け機種(キヤノンならEOS-1Dsや1D Mark IIなど)には、内蔵ストロボなど最初からない。そのかわりDSLRには、確実なライティングのためにメーカー純正の高性能な外部ストロボが用意されている。

 キヤノンの純正外部ストロボ「スピードライトEXシリーズ」は、G.N22のコンパクトな220EX、バウンスに対応したG.N42の420EX、G.N55の大光量で多機能な550EXと3種類をラインアップ。プレ発光とEFレンズの距離情報から高精度な自動調光を行う「E-TTL調光」に全機種が対応している。このような自動調光機能によって、内蔵ストロボと同じオート感覚で外部ストロボを利用できるのが純正品の強みだ。

photo Kiss Dに純正550EXを装着

 だが、“メーカー純正”はどれも大きくて重い

 バウンス機能を持たないシンプルな220EXでも約255グラム(電池込み)あり、フルスペックの550EXでは約500グラム(同)とKiss D本体並みの重さになる。高さではKiss D以上の550EXを装着すると、非常に“アタマでっかち”になり重量バランスも悪い。そして、値段の高さ(550EXで実売4万円前後)も見逃せない。

自動調光で小型・大光量――サンパック「PZ40X」

 サンパック(トーカドエナジーのストロボブランド)の「PZ40X」(2万3800円)は、昨年7月に発表されたキヤノン/ニコン/ミノルタ用の小型外部ストロボだ。

photo サンパック「PZ40X」

 63(幅)×93(高さ)×90(奥行き)ミリで約260グラム(電池込み)という手のひらサイズながら、最大G.N40という大光量と24〜80ミリまでの焦点距離に連動するパワーズーム機構、上90度までのバウンス、マニュアル操作で5段階に光量を調整できるパワーレシオなど、多彩な機能を装備する。もちろん、各社の自動調光システム(ニコン3DマルチBL調光/キヤノンE-TTL調光/ミノルタADI調光)にしっかりと対応している。

photo PZ40Xの背面。自動調光/パワーズーム/光量調整など多彩な機能を装備

 3メーカーのラインアップのうち、ニコン用(PZ40X-NE)は8月末に発売されたが、キヤノン用(PZ40X-CA)は2度の発売延期を経て昨年12月末にようやく出荷を開始。実際に店頭に並んだのは今年1月に入ってからだった。ちなみに、ミノルタ用(PZ40X-MX)はいまだに発売されていない。

 大手カメラ量販店で1万9000円で購入したPZ40X-CAは、Kiss DのほかEOS 10D/同D60などDSLRに対応するほか、PowerShot Gシリーズ(G5/G3/G2)でも使用可能。もちろん、銀塩EOSシリーズにも対応している。

 PZ40Xと純正EXシリーズとの主な機能を比較してみた。

PZ40X 550EX 420EX 220EX 内蔵
G.N ○40 ◎55 ○42 ×22 ×13
バウンス × ×
E-TTL調光
調光補正 × × × ×
光量調整 ○5段階 ◎8段階 × × ×
ズーム連動 ○〜80mm ◎〜105mm × ×
サイズ × ×
重さ × ×
実売(万円) ○約1.9 ×約4 △約2.5 ○約1.4

 実際に使ってみて、もっとも評価したいのがその大きさだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.