ニュース
» 2004年04月27日 15時53分 公開

初の片面2層記録「DVD+R DL」対応DVD±RWドライブ――ソニー

ソニーはこのほど、業界初となる片面2層記録規格「DVD+R DL」対応のDVD±RWドライブ2製品を発表、5月15日より発売する。価格はオープンプライス(予想実売価格:2万5000円)。

[ITmedia]

 ソニーはこのほど、業界初となる片面2層記録規格「DVD+R DL」対応の内蔵型「DRU-700A」、外付け型「DRX-700UL」を発表、5月15日(外付け型は6月中旬)より発売する。価格はオープンプライス(予想実売価格:DRU-700Aが2万5000円、DRX-700ULが3万円前後)。

DRU-700A DRU-700A

 DVD+R DLは、片面に2層分の記録が可能な規格で、既存の1層ディスクの記録容量4.7Gバイトのほぼ2倍となる8.5Gバイト分の記録容量を実現する。例えば、MPEG2 5Mbpsの映像データでは、1層ディスクの約2時間分から3.6時間分の記録が可能になる。

 DRU-700Aは、同社従来製品比で奥行き25ミリ減とするコンパクト設計で、フロントパネルはホワイトカラーのほかにブラックカラーのベゼルも付属される。本体サイズは、145.8(幅)×41.3(高さ)×165(奥行き)ミリ、重量約900グラム。

 対応ディスクと記録・読み出し速度は以下の通り。

対応ディスクと記録・読み出し速度
書き込み
DVD+R DL 2.4倍速
DVD+R8倍速
DVD+RW4倍速
DVD-R 8倍速
DVD-RW4倍速
CD-R40倍速
CD-RW24倍速
読み出し
DVD+R DL6倍速
DVD+R8倍速
DVD+RW8倍速
DVD-R8倍速
DVD-RW8倍速
DVD-Video4倍速
DVD-ROM12倍速
CD-ROM40倍速

 DRX-700ULは、基本的なドライブ性能はDRU-700Aと同一とする、USB 2.0/IEEE1394対応の外付けDVD±RWドライブ。本体サイズは52(幅)×164(高さ)×234(奥行き)ミリ、重量約1500グラム。

DRX-700UL DRX-700UL

 CD/DVDライティングソフト「Nero Burning ROM SE」、オーサリングソフト「NeroVision Express」、再生ソフト「Nero ShowTime」、バックアップソフト「Nero BackItUp」パケットライティングソフト「InCD」などがバンドルされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう