ニュース
» 2004年07月01日 15時00分 UPDATE

より軽量、そして大幅安価に――ソニー、バイオノート505エクストリームをリニューアル

ソニーは、超薄型軽量のモバイルB5ノートPC「VAIO type 505 EXTREME(PCG-X505CP)」を7月10日より発売する。価格は25万円前後。

[ITmedia]

 ソニーは7月1日、超薄型軽量のモバイルB5ノートPC「VAIO type 505 EXTREME(PCG-X505CP)」を発表、7月10日より発売する。価格は25万円前後。

photo VAIO type 505 EXTREME(PCG-X505CP)

 VAIO type 505 EXTREMEは、最薄部9.7ミリ、ファン・ヒートシンクレスの放熱技術、MDサイズとなる超小型基板とそのレイアウトなど、2003年11月に発表されたバイオノート505エクストリーム(2003年11月12日の記事参照)の基本コンセプトを継承した後継モデルとなる。

 主な変更点として、

  • カーボンファイバー積層板を採用し、マットブラックカラーに
  • 重量780グラムへ軽量化
  • CPUをPentium M/1.10GHzに
  • 価格を25万円前後に

 などが挙げられる。

 カーボンファイバー積層板は、前モデルのソニースタイル特別仕様バージョンに採用されたもので、各部品重量のばらつきなどの改善により約785グラムから約5グラム、前モデルノーマルバージョン(約825グラム)と比較すると約45グラム軽量化された。

photo 指紋がつきにくい、シックなマットブラックカラーを採用

 前モデルでは別個で用意されていた100BASE-TX LANアダプタ(PCGA-DLA1)とVGAアダプタ(PCGA-DA1S)は、PCGA-DLA1とほぼ同体積のサイズに一体化される。

photo LAN/VGA一体型アダプタ

 無線LAN PCカードは、オプションとなる。同モデル用オプションとして、IEEE802.11a/b/g対応の無線LAN PCカード「PCWA-C800S」、メモリースティック/メモリースティックPro、SDメモリカード/MMC、スマートメディアに対応するPCカードタイプのメモリーカードアダプタ「VGP-MCA10」、24か国対応のグローバルモデムPCカード「PCGA-CM100」、本体カラーに合わせた、IEEE1394接続の外付けDVD+-RWドライブ「PCGA-DDRW2」を用意する。

photo オプションの外付けDVD+-RWドライブ「PCGA-DDRW2」(左)、IEEE802.11a/b/g対応無線LAN PCカード「PCWA-C800S」(右)

 そのほか、Do VAIO(関連記事参照)、HDDバックアップソフト「HD革命Backup Lite」、路線検索ソフト「駅すぱあと LE」などが新たにバンドルされる。

photo Do VAIO

 VAIO type 505 EXTREMEの主な仕様は以下の通り。

製品名 VAIO type 505 EXTREME
モデル PCG-X505CP
CPU Pentium M/1.10GHz
チップセット Intel 855GM
メモリ 512Mバイト DDR SDRAM(オンボード。増設不可)
HDD 20Gバイト
グラフィックス Intel 855GMチップセット内蔵
ディスプレイ 10.4インチ 1024×768ドット(XGA)
OS Windows XP Professional
主なインタフェース USB2.0×2、i.LINK(IEEE1394)S400 4ピン×1、PCカードスロット(TYPE-II)×1、VAIO関連製品専用DC OUT、100BASE-TX/外部ディスプレイ出力(外付けLAN/VGA一体型アダプタによる)
キーボード キーピッチ約17ミリ、キーストローク約1.5ミリ、87キー
バッテリー駆動時間 約3時間
サイズ 259(幅)×9.7〜21ミリ(高さ)×208(奥行き)ミリ
重量 約780グラム
発売 2004年7月10日
価格 25万円前後

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう