連載
» 2004年08月31日 18時38分 UPDATE

今夏水冷一本勝負 其の三水漏れの心配はほぼ皆無、組み立て済みのコンパクト水冷キット――「POSEIDON WCL-03 90Cu」 (1/2)

今夏のPC用水冷システムは「プラスα」機能の搭載が流行となっている。そんな個性派モデルをピックアップし、冷却性能や静音性など多角的に比較していく「今夏水冷一本勝負」。第3回は3R SYSTEM「POSEIDON WCL-03 90Cu」だ。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

 水冷キット「POSEIDON」は、まだ水冷キットが高価で、一部のマニアにしか受け入れられていなかった2002年に、1万円以下と当時ではかなり衝撃的な価格でデビューした(型番はWCL-02)。このPOSEIDON WCL-02により、水冷キットが一般自作ユーザーにも浸透していったきっかけを作ったといっても過言ではない。

 それから2年後、さらなるコンパクト化、設置容易性、腐食や漏水対策、静音性をともなってモデルチェンジした。今回はそのうち、9センチラジエータ搭載の組み立て済みモデル「POSEIDON WCL-03 90Cu」(以下、WCL-03 90Cu)を試用してみた。

photo 試用した3R SYSTEM「POSEIDON WCL-03 90Cu」

 WCL-03 90Cuは、前モデルのものよりひと回り大きい9センチラジエータとファンを採用し、ファンコントローラーを搭載する水冷キットだ。キットには、ラジエータ、ホース、CPUブロックが組み立て済みとなるメインユニット、9センチファン、mPGA478対応アタッチメント、Socket A用アタッチメントが付属される。Socket 754、同939、同940やXeon用のSocket 603、新型Pentium 4用LGA775向けのアタッチメントは別途オプションで用意されている。(Socket 603、LGA775用オプションは9月に発売予定)。

 なお標準キットは、LGA775システムに非対応となっているが、EVERCOOL「WC-301/201」用のオプションとして用意されているLGA775用アタッチメント「WC-LGA775」(価格:980円前後)を流用した(ただしWC-LGA775ではネジの長さが若干足りなかったため、別途ジョイントにより延長させた)。今回は、ほかの水冷キットとの比較のために、LGA775マシンでのテストはこのアタッチメント利用して行うことにした。

編集部注:今回使用したLGA775用アタッチメントは、EVERCOOL「WC-301/201」用オプションパーツのため、当然ながらメーカー推奨の方法ではありません。サポート外の使い方になりますのでご注意ください。

photo キット一式。組み立て済みの水冷ユニットと、ソケット取り付け金具、ファンコントローラが付属する

組み立て済みユニット含む、キット全体がコンパクトなので組み込みも容易

 CPUブロック、ラジエータ、そしてチューブまで、キットが組み立て済みで、導入しやすいのもWCL-03 90Cuの魅力である。作業はポンプ/ラジエータをケース背面に、CPUブロックを取り付けるだけだ。

photo mPGA478マザーにCPUブロックを装着。対角のねじを、互いに少しずつ締めていき、傾いて装着されないようにする

 ポンプ/ラジエータ部分は102(幅)×152(高さ)ミリと、コンパクトにまとめられている。500〜4000rpmの範囲で調整可能なラジエータ用ファンのファンコントローラーも付属される。

photo ポンプとヒートシンクをケース背面に取り付ける。ミドルタワーケースであれば余裕で設置できる
photo 500〜4000rpmの範囲で調整可能なファンコントローラ。上下にあるねじ穴を利用して適当な場所に固定することもできる

CPUそのものの冷却性、そして静音性向上にも効果あり

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう