年末大掃除計画発動!

Special
2004/12/13 16:10 更新

PCUPdate特別企画:年末大掃除計画発動!!
その1:PCも大掃除してピカピカにしよう (1/2)

年末の大掃除では、PCも忘れずにピカピカにしておきたい。とはいえ、キーボードやPCの内部などは、雑巾でごしごし拭いたからといってきれいになるものではない。PC周りの大掃除術を紹介するので、新年に向けてリフレッシュしておこう。

 PCや周辺機器を普段から掃除している人は少ないはず。1年も使っていれば、相当汚れていることだろう。年末の大掃除の時には、ぜひPC周りも一緒にキレイにしておきたい。

 PCケースの内部やキーボード、液晶ディスプレイなどは、適切に掃除する必要がある。乱暴に扱ったら故障してしまうこともあり得るのだ。また、クリーナーも素材に合ったものを使いたい。中性洗剤を薄めて使ってもいいが、今回は専用のクリーナーを利用している。どれも、量販店で購入でき、価格は数百円程度。

画像

今回掃除するPC。1年ほど掃除をしていない。全体的にくすんでおり、細かい部分にホコリがたまっている

ディスプレイの汚れを落とす

 まずは、常に見つめているディスプレイの画面をキレイにしよう。美しい写真を表示しても、タバコのヤニでくすんでいては無意味。液晶ディスプレイとCRTでは、注意するポイントが異なる。

 液晶ディスプレイの表示部分は弱いので、絶対に力を入れて拭かないこと。専用のクリーナーを使って撫でるように汚れをふき取ろう。

画像

ウェットティッシュタイプの液晶ディスプレイ専用クリーナーで、なでるように掃除する

 CRTを掃除する場合は、電源を切ってから時間を置くこと。熱を持っている状態だと、かえって汚れがこびりついたり、ガラスやプラスチックに悪影響を与える可能性がある。こちらも、表面にコーティングが施されている可能性があるので、専用クリーナーでクリーニングしよう。

 続いて、ボディ部分を掃除しよう。OA機器用の専用クリーナーを使って、汚れを落としていく。長い間掃除をしていないとなかなかきれいにならないが、根気よく続けよう。あまり力を入れずに、何度も拭き取るのがコツだ。

画像

布を押し込めないくぼみなどは綿棒を使って掃除する。手前のくぼみが真っ白になっているのがわかるだろうか

 前面のボタン類を掃除する際は慎重に。クリーナーをたっぷり付けすぎて、隙間に入るとやっかいだ。ボタン部分は、布につけるクリーナーを薄めにしたほうがよいだろう。また、コネクタ部分はホコリを飛ばすくらいにしておき、直接触れないようにしよう。濡れた雑巾を使うと、さびたり、動作に支障が出る可能性がある。

キーボード&マウスを掃除すれば使い勝手も復活

 PCの前でお菓子を食べたり、ジュースやコーヒーを飲む人のキーボードは、知らない間にすごい状態になっている。キーボードやマウスの汚れは使い勝手にも影響を及ぼすので、定期的にきれいにしておきたい。

 キーの隙間から入り込んだごみは掃除機で吸い取ろう。見た目にはわからないが相当のホコリが取れるはずだ。続いてボディやキートップの掃除をする。OA用のクリーナーで汚れを拭き取ろう。キーの間を拭きにくい場合は、綿棒を使うと便利だ。

画像

キーボードに掃除機を当てて、ごみを吸い取っているところ。隅々まで吸引しよう

 本格的にキーボードを掃除するなら、キートップをすべて外してしまい、水洗いしてみよう。中のごみも完璧に取れるので、一石二鳥だ。ただし、ノートPCの場合は、キートップが簡単にはずせない場合もあるので、マニュアルを確認してみよう。

 キートップは、マイナスドライバーなどを隙間に入れて押し上げると簡単に外れる。アキバの自作パーツショップなどでは、100円前後で専用のキーリムーバーも発売されている。

 キートップを外す前に、デジカメでキーボードを撮影しておくことをオススメする。キー配列を戻す際に参考にするためだ。

画像

アキバショップで購入したキーリムーバーで外しているところ。キーの間に押し込んで引っ張るだけで簡単に取れる

 キートップをはずしたら、中性洗剤を薄めた水で洗おう。洗い終わったらきっちり水を切り、完全に乾かすこと。その間に、キーボードの内部を掃除しよう。

画像

キーをすべてはずしたところ。きれいに使っていたつもりでも、こんなに汚れているのだ

 掃除が終わったら、キートップをはめ込んでいく。撮影した写真を見ながら、カチッと音がするまでひとつずつはめ込もう。

 以前のマウスはボール式だったので分解清掃が必要だったが、最近は光学式が主流。掃除といってもボディをキレイにすればOKだ。底面にはホコリがこびりついているので、きっちり取り除こう。

画像

ボール式は背面のフタを外して、ボールを掃除するとともに、内部のローラーもきれいにした方がよい。光学式の場合は、背面を布で拭くだけでOKだ

PCケースはピカピカに磨く

      | 1 2 | 次のページ

[柳谷智宣(アバンギャルド),ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

年末大掃除計画発動!

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。