Special
» 2005年01月13日 09時30分 公開

デジカメRAWモード撮影術〜風景写真編〜 (1/3)

デジタルカメラのイメージセンサで読み取った情報をそのまま“生”の状態で直接記録するRAWモード撮影は、自然の成り行きにまかせて撮影しなければならない風景写真の分野でも、実にさまざまなメリットを与えてくれる。RAWモードによる風景写真の撮影術を紹介しよう。

[萩原俊哉,ITmedia]

撮影条件は自然まかせ

 RAWモードでの撮影は、風景撮影の分野でも実にさまざまなメリットを与えてくれる。

 当然ながら風景写真は、ライティングや被写体の配置などを自由に変えられるスタジオ撮影とは異なり、自然の成り行きにまかせて撮影を進めることになる。もちろん、撮影する季節や時間帯を選ぶのは鉄則だが、それでも天候や被写体の状態が、必ずしも自分の望んだ通りであるとは限らない。そういった点で、パソコンで写真の仕上がりを調整できるRAWモード撮影は非常に有効な手段なのである。

 ここで言うパソコンでの調整とは、失敗写真を救済することだけを指すのではない。確かにそれも利点の一つではあるが、それよりも、作品を厳密に自分のイメージ通りに仕上げるという意味において、RAWモード撮影は必要不可欠な存在なのである。

 実際に筆者も、自分の作品を撮る場合には必ずRAWモードを使用している。

適正露出で撮影するのが原則

 ところで、風景写真においては、どのような点に注意してRAWモード撮影を行えばよいのだろうか?

 まず露出に関しては、JPEGで撮影する場合と同様に、できる限り適正露出で撮るように心がけよう。RAWデータはパソコン上で露出をある程度自由に調整することが可能だが、RAWは決して万能ではない。RAWで撮影しようと、JPEGで撮影しようと、撮像素子の性能は変わらないので、再現できるダイナミックレンジの幅には限界がある。つまり、撮像素子に記録されていない情報は、いくらRAW現像ソフトで調整しても、引き出すことはできないのである。

 ただ、いつでも適正露出で撮影すればよいかと言えば、一概にそうとも言い切れない。たとえば白とびや色飽和が起こりそうなシーンなどが、その好例と言えるだろう。

 真っ赤に色づいたモミジなど色鮮やかな被写体を適正露出で撮影すると、状況によっては色飽和が発生して、色の階調がまったくなくなってしまうことがある。このような場合は、パソコンで露出を微調整することを前提にして、色の階調が残るように、意図的にアンダー気味に撮影するとよい。そして、RAW現像時にパソコンのモニタを見ながら微調整していけば、色の階調をしっかりと残しながら、適正な露出に近づけていくことができるはずだ。

 また、古い日本家屋を入れて雪景色を撮影するような場合は、建物に露出を合わせると、雪が広範囲にわたって白とびしてしまうことがある。そのようなシーンでも、雪が白とびしない程度に露出を抑えて、RAWモードで撮影するとよいだろう。RAW現像ソフトではカメラ以上に緻密な露出補正が行えるので、白とびを極力抑えつつ、自分好みの露出に仕上げることが可能である。

 なお本記事では、ニコン「D70」用RAW現像ソフト「Nikon Capture 4」を使用した。本体とは別売だが、撮影設定の変更はもとより、トーンカーブ編集やヴィネットコントロール(レンズ周辺部における周辺減光の調整)にまで対応した本格的なRAW現像ソフトである。

RAW現像ソフト「Nikon Capture 4」のメイン画面
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう