Special
2005/03/15 00:00 更新

キヤノン「PIXUS iP9910」のすべて
“写真を評価する”ためのプリンタ──諏訪光二が語るPIXUS iP9910の実力 (1/2)

究極の写真画質を追求したキヤノンのA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PIXUS iP9910」。新しい8色インクの採用やキヤノンのデジタル一眼レフカメラとの連携強化などにより、フラッグシップと呼ぶにふさわしい画質と機能を獲得している。しかし、実際のところプロカメラマンは、PIXUS iP9910の性能をどのように捉えているのであろうか? 真の性能を探るべく、写真家の諏訪光二氏に率直な感想を尋ねてみた。

色を評価しやすいPIXUS iP9910は、プロやハイアマの強力な武器

ITmedia まずは、「PIXUS iP9910」を使って感じた印象をお聞かせください。

諏訪光二氏(以下、諏訪) 従来の「PIXUS 9900i」にも言えることなのですが、これほどの高画質を実現しながら、A4サイズを1分弱でプリントできるスピードにまず驚きますね。A3ノビ(フチあり・画質きれい)でも5分弱で出力できるので、他社のプリンタのように長々と待たされるという印象がありません。大量のプリントを行う際でもストレスを感じないという点では、A3プリンタ随一と言っていいですね。

 基本的にアプリケーションやドライバも変わってませんので、従来機を使用していた身にとっては、操作性にもまったく違和感を感じません。

mk_suwa01.jpg

A3ノビにプリントされた作品を鑑賞する諏訪氏。A3ノビを5分弱でプリントできる「PIXUS iP9910」のスピードは、大量に印刷を行うプロカメラマンには大きな武器になる

ITmedia iP9910は“写真画質”を最大の特長にしているわけですが、色の再現能力に関してはどう思われましたか? 実際、従来の9900iよりも向上しているのでしょうか?

諏訪 ブラックインクやライトインクの濃度が最適化されたことで、従来よりも色の階調表現が豊かになったと思います。事実、印刷サンプルを見比べてみると、黒の締り方が若干良くなっているようにも感じました。スペックを見比べると、9900iからインクが変わっただけのように思えるiP9910ですが、色の再現能力は確実に向上してますね。この階調の豊かさと黒のしまりの良さは、iP9910で印刷して即座に感じたことです。

ITmedia A4プリンタの「PIXUS iP8600」も同じ8色インクを採用していますが、iP9910の色再現能力はiP8600と同程度と考えればよいのでしょうか?

諏訪 そうではありません。iP8600は多彩な機能を搭載し、見た目にもスマートなプリンタですが、こちらはいわゆる“写真を楽しむ”ためのプリンタです。それに対してiP9910は、“写真を評価する”ためのプリンタとでも言いましょうか。つまり、コンシューマー向けのプリンタのように、色が勝手に誇張されたりすることがないのです。

 iP9910はとてもニュートラルな発色でプリントしてくれるため、写真の色の評価が行いやすい。だから、写真の色再現にこだわるプロカメラマンや一部のハイアマチュア層にとっては、iP9910の素直な発色が大きな武器になるはずです。また、給紙時の紙送りの機構に関しても、iP9910の方が紙の表面を傷つけないように、よりデリケートに紙を扱うように工夫されているような気がします。

mk_suwa02.jpg

ロケから帰ってきて、事務所にて写真のチェックを行っている諏訪氏。作品の完成度を確認するためには、発色がニュートラルでA3ノビのプリントが可能なPIXUS iP9910が欠かせないと語る

ITmedia 色再現にこだわるとなると、当然ながらカラーマッチング*1が必須となりますが、iP9910はカラーマッチングに適したプリンタなのでしょうか?

諏訪 先ほども述べたように、iP9910の発色は非常にニュートラルです。ですから、従来の9900iと同様、カラーマッチングにとても適したプリンタだと言って差し支えないでしょう。パソコンのディスプレイをしっかりとキャリブレーションし、ICCプロファイルを使ってプリントすれば、さらに厳密に色を追い込んでいくことが可能です。

 作品を仕上げるにあたって、色再現のチェックは欠かすことのできない工程なので、その点でiP9910は、プロユースでも十分に通用する実力を持ったプリンタと言えます。

*1 画像データは、ディスプレイやプリンタなどのデバイス特性によって、再現される色や階調が異なる。出力機器による色の再現性の違いをなくし、各デバイスで同じ色が再現されるようにすることをカラーマッチングという

自分の写真を突き詰めていくには大判プリントがベスト

      | 1 2 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。