ニュース
» 2005年03月31日 18時10分 公開

インターチャネル、スパイウェア駆除ソフト「スパイゼロ 2006」

インターチャネルは、アンラボ製スパイウェア駆除ソフトの最新版となる「スパイゼロ 2006」を発表した。

[ITmedia]

 インターチャネルは3月31日、アンラボ製スパイウェア駆除ソフトの最新版となる「スパイゼロ 2006」を発表、6月3日より発売する。価格はパッケージ版が4980円、ダウンロード版が3980円(いずれも税込み)。なお、ダウンロード版は先行にて4月下旬より発売予定としている。

photo スパイゼロ 2006
Copyright (C) 2005 AhnLab,Inc. All rights reserved. ※画面は製作中のものです

 スパイゼロ2006は、韓国アンラボ製スパイウェア駆除ソフト「スパイゼロ」シリーズの最新版となるスパイウェア駆除ソフト。同シリーズは韓国内で60%以上のシェアを持つタイトルで、最サインバージョンとなる本ソフトでは、従来のウイルス対策ソフトでは対応しきれない悪質で削除困難なスパイウェアも確実に検出、駆除を行えるとしている。

 2005年2月現在で4万2000個以上ものスパイウェアを登録済みで、さらにスパイウェア特有の挙動から不信なファイルを検出し、総合的に判断を行う「未知スパイウェア検出」機能を搭載。定義ファイルでは未対応の新型スパイウェアにたいしても効果を発揮する。

 また、PC内に残るプライバシー情報をワンクリックで消去する機能も搭載、万が一スパイウェアに侵入された場合にも、個人情報の外部流出や悪用を防止する。

 ユーザー登録から1年間のサポート期間は、無償でのスパイウェア定義ファイルのアップデート、および電話、ファクス、メールでのサポートが行われる。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう