レビュー
» 2005年06月03日 14時09分 UPDATE

IDE-USB変換ケーブルキット分かる人には分かる便利さ――ドライブUSB化キット「DN-IDE3525」を試す (1/3)

3.5/2.5/5インチのIDEベアドライブを“そのままむき出し”でUSB化できる、エバーグリーン「DN-IDE3525」。USB化できることによるその使用用途の幅広さはもちろん、電源供給のための4ピン電源コネクタ付きのACアダプタが付属することもうれしいポイントだ。

[石川ひさよし&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

 自作PCユーザーであればことさら多い傾向にあるHDD入れ替え。

 もちろんIDEスレーブ側などへ複数台のHDDをPCに接続する場合も多いだろうが、数年前の10Gバイトレベルのものであれば内蔵させることへの意味や効果も薄い。それよりHDD換装を行う場合は、まずそのHDD内のデータをいったん別PCなどに移してから換装作業をし、再度LAN経由でコピーするなどというような作業を行うことがあると思われる。とりわけ面倒だ。

 そのようなときには、USBないしIEEE1394接続対応のHDD外付け化ケースの導入が手っ取り早く、そのように活用するユーザーも多いだろう。しかしケースに組み込むといった作業もなかなか面倒だし、ややコストもかかるのである。

 それなら“ガワ”なしで“直接続”でいいじゃん、といったコンセプトの製品が今回試すIDE−USB変換ケーブル、エバーグリーン「DN-IDE3525」だ。

photo エバーグリーン「DN-IDE3525」。同社通販サイト「上海問屋」での価格は2980円

 DN-IDE3525は、IDEコネクタとUSBオス(Aタイプ)コネクタが搭載されるIDE−USB変換ケーブルに、電源供給用として4ピン電源コネクタへの給電専用ACアダプタがセットとなった内蔵デバイス外付け化ケーブルである。

 ケースがない、いわゆるむき出しで作業できることは何が便利かというと、ベアドライブをそのまま接続でき、さらに必要に応じて楽々取っ替えひっ換えデバイスを接続できること。いちいちケースに内蔵しなければならない必要もないのである。

 デバイス接続側コネクタは、3.5インチHDDないし5インチ光学ドライブ接続用の40ピン対応コネクタと2.5インチHDD接続用の44ピン対応コネクタの2種類が用意されていることに加えて、4ピン電源供給専用のコネクタを備えるACアダプタが付属していることがとくにうれしいところである。

photo ケーブルの両端に3.5/5インチデバイス(40ピンメス)用、2.5インチHDD(44ピンメス)用のIDEインタフェースが備わる
photo DN-IDE3525使用時はもちろん、電源容量の少ない傾向にあるマシンに、デバイス用のサブ電源としても活用できる付属ACアダプタ。これだけ欲しいというユーザーも多そうである

電源供給用のACアダプタも付属するため、接続はごく簡単

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.