レビュー
» 2005年07月11日 10時00分 UPDATE

速度を求めるギガビット時代の本命NAS──アイ・オー「Giga LANDISK」 (1/4)

いまNASに求められるニーズ、その多くは「パフォーマンス」だといえる。そのニーズに応えられる高い転送速度に加え、USB外付けHDDも増設可能、自動バックアップ機能などの機能を持つというNAS新製品「Giga LANDISK HDL-G」シリーズを試してみた。

[坪山博貴,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器「Giga LANDISK HDL-G」シリーズはギガビットLAN接続に対応するNASの新製品だ。160Gから400Gバイトまで容量別に4モデルが用意される。

 本体には4基のUSB2.0ポートが備わり、USB接続タイプの外付けHDDやUSBメモリ、メモリカードリーダーなどを接続し、これらをネットワークドライブとしてして活用させることも可能となっている。

photo アイ・オー・データ機器「Giga LANDISK HDL-G」シリーズ。160GバイトHDD搭載モデル(実売価格:2万9000円前後)から400Gバイトモデル(実売価格:5万円前後)まで4種類ラインアップされる(ITmedia Shoppingで最安値をチェックする)

 Giga LANDISKは、上記のようにNASプラスαの機能搭載も特徴の1つだが、やはり注目はインテル製XScaleプロセッサとギガビットLANコントローラの採用で実現するという高いパフォーマンスにあるといえる。

 同社カタログ上での計測値では、FTP接続時における大容量ファイルの読み出しで最高306.8Mbpsを記録し、Windows上でのファイル読み出し時でも157.1Mbpsと余裕で100Mbpsを超えるとしている。

 なお同社は、LANチップ単価としては比較的高価とされるインテル製のLANコントローラを採用した理由として、ピークスピードだけではなく高トラフィック時でもスループット低下が少ないという理由を挙げている。実際、Intel製のギガビットLANコントローラはPC用LANカードやマザーなどのPCパーツにおいても同様に、ピークスピードそのものはもちろん、高トラフィック時のスループット性能の高さが評価されており、採用理由に関しては納得できるところだ。

photo Intel XScaleテクノロジとIntel 82541PIギガビットLANコントローラを搭載する

 今回は300GバイトHDDを内蔵する「Giga LANDISK HDL-G300U」を試用した。なお、ファームウェアが製品出荷前の評価バージョンであり、製品とは若干パフォーマンスなどが異なる可能性がある点は事前にお断りしておく。

photo 試用機のHDDには、マックストア「DiamondMax 10」300Gバイトモデル(Ultra ATA/133)が搭載されていた

実測でも安定して280Mbps(35Mバイト/秒 FTP時)を超える読み出し速度を記録

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.