レビュー
» 2005年09月08日 19時25分 UPDATE

週末アキバPick UP!レビュー:そのカタチに“ぐっ”ときた、反響板付きモバイルスピーカー──「GH-SPA-215W」を試す (1/2)

アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、7月9日の取材で見つけたグリーンハウス製モバイルスピーカー「GH-SPA-215W」を試してみた。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

 iPodに端を発する携帯オーディオプレーヤーの普及で、モバイルツールにデジタル音源を保存する機会が増えた。外出先で再生するさいはヘッドフォン/イヤフォンを使うユーザーがほとんどだと思うが、別途外部スピーカーがあれば普通の音楽プレーヤーとして使うことももちろんできるし、その手のコンパクトスピーカー製品も各社より多数発売されている。

 今回は、その中の1製品なわけではあるが、ちょっと形に“ぐっ”ときてしまった、ある機能を備えるモバイルスピーカーを導入してみた。それはグリーンハウス「GH-SPA-215W」という製品だ。

photo グリーンハウス「GH-SPA-215W」。価格は3000円前後(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする

 GH-SPA-215Wは、出力1.5ワット+1.5ワットのデジタルアンプを備えるモバイル2chスピーカーだ。基本は普通のモバイルスピーカーだが、スピーカーの端に透明アクリルパネルによる反響板が備わり、スピーカーとの角度を調整して、広がりのあるサウンドを再生できるとしているギミックが特徴である。

photo ケータイと並べるとこのような感じ。常時携帯するにはやや大きく重いが、ながら視聴用としてデスクに置いておき就寝時にベッドルームに移動させるとか、旅行時にといった感じであればまあまあ軽い

どこでも使える3種類の給電システムが便利

 GH-SPA-215Wのもう1つの特徴は、3種類の給電スタイルが選べることである。家庭内で試用するならACアダプタ、屋外なら単3電池4本、そしてPCのUSBバスパワーで稼働させることもできるのである。本機の重量は約300グラム、単3電池4本で使用する場合はそれに約100グラム加算されるという感じである。

photo DCポートにはACアダプタやUSBバスパワーケーブルを接続する(左)、本体上面に乾電池を入れるスペースがある(右)

反響板効果で伸びのある中高音を実現

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.