ニュース
» 2005年09月21日 19時35分 UPDATE

キーボード/マウス:MS、レーザーマウス製品投入へ──キーボード/マウス新製品10モデル発表 (1/2)

マイクロソフトは、レーザーセンサー搭載モデル含む、2005年冬発売予定のキーボード/マウス新製品を発表した。

[岩城俊介,ITmedia]

 マイクロソフトは9月21日、都内同社オフィスにて2005年版キーボード・マウス新製品群の発売を発表した。詳細発売日や価格は未定ながら、本年冬より順次発売していく。

 発売が予定される新製品は、デスクトップ向けマウス4製品、モバイル向けマウス3製品、キーボード+マウスのセットモデル1製品、キーボード2製品。

MSもレーザーマウス製品を投入 ゲーマー/モバイルといったユーザー層も想定

 昨年登場したレーザーセンサー搭載マウス、ロジクール「MX-1000」から1年、マイクロソフトも最高峰モデルと位置づけるレーザーモデル「Wireless Laser Mouse 6000」、ゲーマーをターゲットとする「競技性能を高めた」(マイクロソフト)ワイヤードレーザーマウス「Laser Mouse 6000」、レーザーモバイルマウス「Wireless Notebook Laser Mouse 6000」を投入する。

photo Wireless Laser Mouse 6000(左)と、ゲーマー向けワイヤードレーザーマウス「Laser Mouse 6000」(右)

 このLaser Mouse 6000をはじめとする同社レーザー/光学マウスは、より正確なトラッキングを実現する「マイクロソフト インテリジェント・トラッキングシステム」という技術が採用され、解像度1000dpi、トレースレートで6000FPS(センサーが1秒間に底面状態を読み取る頻度)以上、演算処理速度で85MOPS(1秒間の演算処理速度)以上を実現する。同技術は、同社独自のアルゴリズムと組み合うことにより一般的な光学式マウスの精度に対し、32倍もの精度を実現するという。

photo モバイルモデルにも待望のレーザーセンサー搭載モデルが加わる「Wireless Notebook Laser Mouse 6000」
photo スポーツシューズをイメージしたという、ノート向け小型マウス「Notebook Optical Mouse 3000」(左)、カラー豊富なベーシックモデル「Confort Optical Mouse 3000」
photo チルト機能も備わった光学式モバイルマウス「Wireless Notebook Optical Mouse 4000」(左)、従来からのIntelliMouse Explorer直系モデルとなる「Wireless Optical Mouse 5000」(右)。なお日本専用カラーも用意されるという
photo さらに小さくなった27MHz帯無線レシーバー。ちなみにロジクールなどが採用する独自2.4GHz帯無線ないしBluetoothモデルは今回投入されない
photo ホイール+チルト操作で画面一部を拡大する「MAGNIFIER(拡大鏡)」機能が備わる。マウス操作で一部分を拡大でき(左)、チルト操作でその範囲を広げる(右)といった操作が直感的に行えるよう工夫されている

Comfort(快適性)をさらに追求した新キーボードも登場

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう