レビュー
» 2005年11月28日 15時55分 UPDATE

一体型顔負けの装備を誇るAVノートPC──NEC「LaVie T LT900/ED」 (1/3)

デザインを一新した新LaVie Tは、平面パネルスピーカー「SoundVu」をはじめ、高画質エンジン「VISITAL」に改良を加えるなど、一体型PC並みの装備が特徴のAVノートPCだ。

[八木慎伍,ITmedia]

 「ファーストクラスAVノート」がキャッチフレーズのLaVie Tが、2005年秋冬モデルでフルモデルチェンジ。1280×800ドットの15.4インチワイド液晶を採用している点は変わらないが、デザイン含めて、その構成は一新されている。

kn_lt900zen.jpg 「丸」をイメージしたインジケータやボタン、そして本体と液晶の両サイドに半円の曲面を用いるなど、柔らかい印象を与えるデザイン。銀色に塗装されたキーボードや白いタッチバッドなど、明るい配色は、部屋のインテリアに馴染みやすいだろう

kn_lt900drv.jpg 鏡面処理された前面パネルに装備されたスロットインドライブは、まるでAV機器のたたずまい。電源オフでメディアを挿入すると、自動的にインスタント機能が起動し再生を始める「スロットインオートプレイ」機能も装備している。しかし、このドライブは8センチCD/DVDには対応していない。アダプタをつければ読み込めたが、メーカー側が正式に対応を表明していない。

kn_lt900keyb.jpg キーボードはピッチ19ミリ、ストローク3ミリ。大型ノートだけあり、余裕のあるレイアウトで使い勝手は悪くないのだが、キートップのデザインが薄いせいか、フルストロークさせて指を横にずらすと隣のキーに手が引っかかってしまう。筆者みたいな「あわてもの」だと、キーボードを壊してしまいそうだ。ストロークをもう少し抑えてもいいかもしれない

 キーボード上部には、数多くの拡張ボタンが用意されている。テレビ、CD/DVDキーは、電源オフからインスタント機能を起動できる。ZOOMキーはInterner ExplorerやAdobe Readerなどで使える「Ctrl+マウスホイール」ショートカットを発行しているだけだが、独立したボタンにすることで、初心者でも使いやすい操作を実現している。両側の赤いボタンと電源ボタンは白色LEDでイルミネーションされ、デザイン的なアクセントにもなっている。

kn_lt900migi.jpg

kn_lt900left.jpg 右側にUSB、IEEE 1394、PCカード、SD/xD/メモリースティックスロットといった、一般的なインタフェースが用意されている。左側には、ExpressCard(54/34両対応)や、無線LANのオンオフスイッチが。ノートPCとして充分な装備を持っている
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう