Special
» 2006年01月23日 00時00分 公開

ウォークマンEシリーズユーザー注目:“快適・機敏”な操作感が心地よい──使いやすさにこだわるオーディオソフト「BeatJam 2006」 (1/3)

オーディオプレーヤー選びには当然こだわる、そしてイヤフォン・ヘッドフォンにもこだわる。ではオーディオソフトはどうか──そういえば、どうも使い勝手がよくない。そう感じたユーザーはオーディオソフトをもこだわって選びたい。今回はそのようなユーザーに向く、使い勝手のよさを追求したオーディオソフト、ジャストシステム「BeatJam 2006」を紹介しよう。

[PR/ITmedia]
PR

SonicStageのかわりに活用できる「BeatJam 2006」

 デジタルオーディオプレーヤーとは切ってもきれない関係にあるのが、PC上で音楽を管理し、プレーヤー機器への転送を行うオーディオソフトだ。たいていのデジタルオーディオプレーヤーにはソフトが付属し、ほとんどの人はそのまま利用する。ただしこれら付属ソフトは使いやすいか。“どうも使いにくい”と思ったことはないだろうか。

 昨今のオーディオソフトに求められる機能は、大きく分けて「楽曲をPCに取り込む」「楽曲を管理する」「デジタルオーディオプレーヤーに転送する」に分けられる。しかし、動作が遅くてどうも時間がかかったり、そもそも作業が面倒だったり……不便を感じたとたん活用頻度も落ち、プレーヤー本体の魅力含めて半減してしまいかねない。

 また、どうも使いにくいとは感じても、かわりのソフトがあることに気が付いていない人もいるかもしれない。オーディオプレーヤー機器選びにこだわり、イヤフォン/ヘッドフォン/キャリングケースなど周辺機器選びにもこだわるユーザーであれば、オーディオソフトもこだわって選びたい、そのようなソフトはほかにあるのだろうかと思うはずだ。

 これら使い勝手を徹底的に追求し、使いやすくする工夫がなされたオーディオソフトがジャストシステム「BeatJam 2006」だ。SonicStageが付属するウォークマンEシリーズやPSPといった、ATRAC採用デジタルオーディオプレーヤーへの音楽転送をサポートし、SonicStageのかわりに活用できること、そしてそれより機敏で快適な操作性を備えることが大きな特徴となる。

BeatJam 2006対応機種NW-E507、NW-E505、NW-E407、NW-E405、NW-E307、NW-E305、PSPなど
さらに詳しく
photo BeatJam 2006のデザインと機能性を両立した新デザインとユーザーインタフェース。楽曲の一覧性も高く、日常的にはメニュー操作の必要性がほとんどない

 とくにPCで音楽を楽しむための機能、楽曲の一覧性や検索の簡単さ、そして重要な転送機能も含めた、オーディオソフトとしての使い勝手にこだわりがある。当然ATRAC形式の楽曲ダウンロード購入にも対応しており、単に対応するだけでなく独自の検索エンジンをジャストシステムがサービスとして提供していることも高ポイントだ。

次ページ: 付属ソフトにはない優れた使い勝手

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう