レビュー
» 2006年02月08日 10時00分 UPDATE

TVキャプチャーカード:スプリットキャリアチューナー搭載のMTVXはどう変わった?──カノープス「MTVX2006HF」 (1/3)

カノープス製TVキャプチャーカードの普及価格帯モデル「MTVX2006HF」が発売された。新たなインタフェースを採用するTV視聴・録画ソフト「FEATHER2006」とスプリットキャリアチューナーを搭載するこのMTVX2006HFは、前モデルMTVX2005と比べてどこが変わったのか、どのくらい画質が向上したのだろうか。

[石川ひさよし,ITmedia]

 カノープス製TVキャプチャーカードMTVX2005レビュー参照)の後継モデル「MTVX2006HF」が発売された。ハードウェア面ではソニー製スプリットキャリアチューナーを採用したほか、3Dノイズリダクションと3次元Y/C分離を同時に利用できる「W3Dモード」に対応し、ソフトウェア面では新たなTV視聴・録画アプリケーション「FEATHER2006」を採用してあらたな操作感を目指した製品だ。

photo MTVX2006HF。実売価格は1万9000円前後(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする)

 まずはMTVX2006HFのボードデザインをチェックしよう。MTVX2006HFはMTVX2005の後継機種となる。

 MTVX2005と同じNEC製エンコードチップ「μPD61153」を搭載し、チップレイアウトもほぼ同じだ。ハードウェア面での違いとしては、ソニー製スプリットキャリアチューナーの採用がある。スプリットキャリアチューナーは音声信号と映像信号を、入力し、高周波増幅を行った後というごく早い段階で分離するチューナーである。互いの信号の干渉を防ぎ、ノイズが乗りにくいという大きなメリットがある(関連記事参照)。機能的に見ればW3Dモードへの対応もあるが、こちらはファームウェアによるものでMTVX2005でもW3Dモードに対応させることは可能だ。

photo MTVX2006HF(左)とMTVX2005(右)。基板レイアウトや採用チップはほぼ同じだが、採用チューナーが異なる
photo 搭載インタフェースは、左からF型TVアンテナ入力、S-Video入力、RCA映像/音声左右入力

 もう1つは、新しく採用されたTV視聴・録画コントロールソフト「FEATHER2006」だ。

 PCとTVの融合というキーワードは長いこと使われてきた。たとえばそれはVAIO Wシリーズのようなヒット商品を生み出し、またWindows XP Media Center EditionのようなOSも登場させた。このような製品は基本的に、ディスプレイから離れ、よりリラックスして、たとえばリビングルームなどで視聴するスタイルを提唱し、遠くからもしっかり視認できる“10フィートUI”を採用している。1代前のFEATHER2005は、この10フィートUIを採用していたことが特徴となっていた。

 ところが、最近のPCとTVの融合スタイルはちょっと変化している。多チャンネル・ソース対応のためだ。複数台のチューナーを自由に増設できることは、家庭用機器ではできないPCならではのことだが、複数チューナーをコントロールしようとした場合、10フィートUIでは表示情報量が制限される。今回のFEATHER2006は、多チャンネルの視聴を快適に操作できるスタイルとして、再びPC本来の解像度で有効活用できるように立ち戻った考え方がなされたことがポイントとなる。

photo PCの高解像度ディスプレイから操作するスタイルに立ち戻ったFEATHER2006の基本操作インタフェース
photo こちらは10フィートUIスタイル。いちおうFEATHER2006でもモード切り替えにて利用できる

次ページ: 高解像度のPCディスプレイで視聴、というスタイルを改めて提案する「FEATHER2006」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.