ブログ つぶやく

ニュース
2006年04月21日 16時46分 更新

松下、PC用Blu-rayドライブを発表──OEM向けにはスリムドライブも投入

松下電器産業は片面2層記録に対応するPC用Blu-ray Discドライブを発表した。5インチベイに搭載するATAPI内蔵タイプで、発売は6月10日。価格は10万円前後。
photo Blu-rayドライブ「LF-MB121JD」

 松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は4月21日、PCデータ用Blu-ray Discドライブ「LF-MB121JD」を6月10日より発売すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は10万円前後。

 LF-MB121JDは3波長対応の2レーザー/3レンズを搭載し、Blu-rayに加えてDVD/CDも1台でまかなえることも大きな特徴とするATAPI内蔵タイプのBlu-ray Discドライブ。Blu-rayディスクへのデータバックアップツールなど、多彩なソフトウェア(Power2Go 5、PowerBackup 2、PowerProducer 3、PowerDVD 6、DVD MovieAlbum SE 4.1、InstantBurn 5、BDドライバソフト)も付属する。対応フォーマットは以下の通り。


フォーマットタイプディスクタイプ記録再生
BDフォーマットBD-RE 1層(25Gバイト)/片面2層(50Gバイト) ※BD-RE Ver1.0は非サポート○(2倍速)○(2倍速)
BD-R 1層(25Gバイト)/片面2層(50Gバイト)○(2倍速)○(2倍速)
BD-ROM△(ドライブ付属ソフトでは現状対応されず/2倍速)
DVDフォーマットDVD-RAM(両面/片面) ※2.6G/5.2Gバイト/カートリッジ式/RAM2は非サポート○(5倍速)○(5倍速)
DVD-R(for General)○(8倍速)○(8倍速)
2層DVD-R(Ver.3.0)○(4倍速)○(8倍速)
DVD-RW(Ver1.1/1.2)○(6倍速)○(8倍速)
DVD+R(Ver1.0/1.1/1.2/1.3)○(8倍速)○(8倍速)
2層DVD+R(Ver1.0)○(4倍速)○(8倍速)
DVD+RW(Ver1.0/1.1/1.2/1.3)○(8倍速)○(8倍速)
DVD-Video、DVD-ROM○(8倍速)
CDフォーマットCD-R○(24倍速)○(32倍速)
CD-RW○(16倍速)○(24倍速)
CD-ROM、音楽CD、CD-EXTRA、Photo CD、Video-CD○(32倍速)

photophoto ホワイトのほか、ブラックカラーベゼルモデルの投入も想定される(写真=左)。Blu-rayのほかDVD/CDもサポートする3波長対応ピックアップ部(写真=右)

 同じく、PCデータ用2倍速記録対応Blu-rayメディアおよび、ノートPC向けとなるスリムタイプも含む3タイプのOEM出荷も開始する。

 Blu-rayディスクのラインアップは1層BD-RE(書き換え型)の「LM-BE25D」、2層BD-RE「LM-BE50D」、1層BD-R(追記型)「LM-BR25D」、2層BD-R「LM-BR50D」。発売は4月28日、価格はオープン。予想実売価格はLM-BE25Dが2500円前後、LM-BE50Dが6000円前後、LM-BR25Dが1800円前後、LM-BR50Dが4300円前後。

 先日発表されたTDK製BD-R/REメディアと同じくノンカートリッジタイプであり、最大72Mbps(2倍速)の高速転送レートを実現する高感度記録膜と、キズに強い、独自のハードコートが記録面に施される。量販店などでの発売展開においては、メディアも上記PC用ドライブとともにディスプレイしアピールするなど、うまく双方を訴求していきたいとしている。

photophoto 高さ12.7ミリのノートPC向けスロットイン型ドライブ「UJ-215」(写真=左)。同じくトレイ型の「UJ-210」(写真=右)

 PCメーカーや周辺機器メーカーなど向けのOEM製品としては、5インチベイ搭載タイプのATAPI内蔵/ハーフハイトタイプのほかにノートPC向けとなるスリムタイプ(スロットイン型/トレイ型)の計3モデルを、4月より順次出荷を開始する。ハーフハイトタイプはパナソニック四国エレクトロニクス、スリムタイプはパナソニック コミュニケーションズで開発・生産が行われる。同日、アイ・オー・データ機器よりハーフハイトタイプの「SW-5582」を採用した、内蔵/USB外付けBlu-rayドライブも発表されている。

 松下電器 パナソニックマーケティング本部PCDグループ グループマネージャ 原昭一郎氏は「新技術を採用した製品における“普及のトリガー”はPC用製品が引くことが多い」と述べる。記録型DVDもまずはPC用としてPCユーザーに使われはじめ、高速化され安価となり、広く普及した。“PC用”というセグメントは重要であり、自社開発・生産によるドライブ&メディアを携えてPC向けBlu-ray Disc市場へ早期参入できたことは、家庭用機器のシェア獲得はもちろん、そして将来の次世代光メディア戦争の勝敗にも大きく影響するという考えだ。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!