ブログ つぶやく

ニュース
2006年04月27日 22時58分 更新

「中途半端なものは出したくなかった」というインテルが描くUMPC

日本のメーカーが発表したUltra-Mobile PCはインテルのCPUを搭載していない。「Intel Inside」のUMPCはいつ、どんな製品に載るのだろうか。

 今年のCeBITとIDFで大々的に発表されたOrigamiとUMPC。ユーザーインタフェースのOrigamiはマイクロソフトが、ハードウェアのUMPCはインテルがそれぞれ提唱している携帯デバイスソリューションであるが、いまのところ「UMPCとOrigamiでワンセット」という認識が広くされている。

 現在日本でリリースされたOrigamiを導入したUMPCはPBJのSmartCaddieが唯一であるが、そのCPUとチップセットはVIA製である。UMPCの提唱者たるインテルのチップは採用されていない。

 「言い出しっぺのインテルとしてはどうなのよ」というところだが、このUMPCの取り組みについてインテルの阿部剛士マーケティング本部長は、インテルのチップを搭載したUMPCは「中途半端なものは出したくなかった」と語る。

kn_intelupumpc.jpg UMPCはすでにあるノートPCの代わりではない、まったく新しい市場を作り出す製品でなければならない、というのがインテルの考えである。インテル製チップを搭載したUMPCは中途半端な形で登場させたくない、と語るインテルからすると「最初に登場したOrigamiはインテルから見ると“どうなのか”」(阿部氏)ということになるらしい

 UMPCは最小でもA5サイズである現行のノートPCと手のひらサイズのPDAの間にマーケットを作るチャレンジである、と述べる阿部氏はUMPCが搭載するCPUが目指す熱設計電力が既存モバイル向けCPUの10分の1となる0.5ワットであると説明。

 また、PDAとノートPCの間にマーケットが存在するのか、という疑問に対しては、インテルが中国と米国、ドイツ、韓国、日本で“インターネットにアクセスできる携帯電話”“ポータブルメディアプレーヤー”“ポータブルゲーム機器”ユーザーに対して行った市場調査において不満点として挙げられた「より良いインターネットの視聴ができること」「より幅広いメディア形式に対応できること」「ゲームが十分に楽しめること」「多機能な機器であること」を満足させるUMPCが市場で求められるとインテルは期待している。

 インテルはUMPCを3つのフェーズに分けて進化させる構想を持ってる。現在は第1フェースで既存のノートPC向けCPUやチップセットを搭載したUMPCが登場する。この段階は今年一杯続き、次の段階となる第2フェーズでは、熱設計電力が0.5ワットに抑えられたCPUを搭載したUMPCが登場。そして2009年にはより理想に近づいたCPUを搭載した第3フェーズ世代のUMPCが登場するだろうと阿部氏は語っている。

kn_intelupmrkt.jpg インテルの市場調査によると「UMPCの生きる道」は既存の携帯デバイスでユーザーが不満に思っている「快適なインターネットアクセス」「多様なメディアへの対応」「快適なゲームプレイ」の機能にある、らしい。なお、多くのユーザーが最も強い不満をもっているのが「バッテリー駆動時間」だが、こればかりは「ムーアの法則のようにバッテリーが進化すれば我々はこんなに苦労しない」(阿部氏)

[長浜和也,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!