ニュース
» 2006年05月10日 15時20分 UPDATE

デジオン、家庭内LANメディア共有ソフト「DiXiM2」を発表

デジオンは、同社製家庭内LAN向けメディア共有ソフト「DiXiM」の新バージョンとなる「DiXiM2」を発売する。相互接続性の強化や、MPEG-4 AAC形式への対応などがなされている。

[ITmedia]
photo DiXiM2

 デジオンは5月10日、同社製LAN内メディア共有ソフト「DiXiM」の新バージョンとなる「DiXiM2」を発表、5月26日より発売する。価格は8800円(税込み)。

 DiXiM2は、家庭内LAN向けのデジタルコンテンツ共有ソフトで、コンテンツの保存と配信を行なう「DiXiM Media Server」、視聴側ソフト「DiXiM Media Client」から構成され、3台までのPCにセットアップが可能。DLNAガイドラインに準拠する仕様となっており、対応機器との相互接続が行なえる。

 今回の新バージョンでは、DLNA認定機器との相互接続性を強化。新機能としては、Ogg Vorbis/MPEG-4 AAC形式の音楽ファイルへの対応、Windows Mediaストリーミングコンテンツの再生対応などのほか、コンテンツファイルの文字列検索などの操作性強化などが行なわれている。

 また、Windows Media Center Edition 2005への対応もなされ、Media CenterからのDiXiM Media Client呼び出し、Media CenterリモコンでのDiXiM Media Client操作などが可能となっている。対応OSはWindows XP(SP1以降)/Windows XP Media Center Edition 2005(Update Rollup 2以降)。

 製品ラインアップは通常のパッケージ版のほか、ライセンスを1ライセンスとしたダウンロード版も合わせて提供される。ダウンロード版価格は3980円、「DiXiM」登録ユーザー向けダウンロード版優待価格は3280円(双方税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.