ニュース
» 2006年05月24日 22時17分 UPDATE

新しいサウスブリッジ「SB600」とセットになったATIチップセット登場

ATI Technologiesは5月23日にSocket AM2対応のチップセット「CrossFire Xpress 3200」「Radeon Xpress 1100」を発表した。

[ITmedia]

 CrossFire Xpress 3200はハイエンドユーザーを対象としたハイパフォーマンスチップセットでATIのマルチGPU技術「CrossFire」に対応。すでに発表されている同名チップセットと同様、PCI Express X16を2つサポートする。

 Radeon Xpress 1100はグラフィックスコアを内蔵した統合型チップセット。従来の統合型チップセット「RADEON XPRESS 200」と比べてパフォーマンスが33%向上するとATIは説明する。

 CorssFire Xpress 3200もRadeon Xpress 1100もサウスブリッジに新しく登場したSB600を組み合わせる。SB600はUSB 2.0を10ポート、4つのSerial ATA II、RAID、HDオーディオをサポートする。ATIの資料によるとノースブリッジとはA-Link Xpress IIで接続され、RAIDは0、1、10に対応。1チャネルのUltra ATA/133をサポートすることになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.