ニュース
» 2006年06月14日 12時14分 UPDATE

バッファロー、H.264リアルタイム録画対応の外付けキャプチャーBOX

バッファローは、ハードウェアH.264エンコーダを搭載するUSB外付け型キャプチャーユニット「PC-MV9H/U2」を発売する。価格は2万7400円。

[ITmedia]
photo PC-MV9H/U2

 バッファローは6月14日、H.264形式のリアルタイム録画をサポートとするUSB外付け型キャプチャーユニット「PC-MV9H/U2」を発表、6月下旬より出荷する。価格は2万7400円。

 PC-MV9H/U2は、US2.0接続に対応する外付けタイプのTVキャプチャーユニットで、H.264形式での録画に特化したモデル。Qpixel製「QL201」チップの搭載によりハードウェアH.264エンコードが可能で、録画した動画ファイルはH.264(MPEG4-AVC)形式をサポートするPSP/iPodなどの機器で再生可能となっている。

 地上波アナログチューナーを搭載しTV番組録画に対応、高画質化機能として3D Y/C分離回路、3Dノイズリダクション、ゴーストリデューサー、タイムベースコレクタを装備。デコーダーには10ビットA/Dビデオデコーダーを採用、美しい発色での録画を行なえる。

 TV録画/視聴ソフトは「PCastTV2」が付属。動画編集ソフトは、H.264動画のカット編集に対応するサイバーリンク製「PowerDirector5 for BUFFALO」が添付される。本体サイズは170(幅)×180(奥行き)×38(高さ)ミリ、重量は約890グラム(本体のみ)。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP1以降)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.