レビュー
» 2006年07月18日 16時38分 UPDATE

ゼロスピンドル“U”の「それってどうなの?」第1回

何かと噂のVAIO type U。なかでも注目なのがHDDを搭載しないこのモデルだ。気になるゼロスピンドル“U”の「疑問」を調べるこのコーナー。まずはパフォーマンスに関する質問からお答えしよう。

[ITmedia]

質問:ゼロスピンドル“U”のHDBENCH結果はどうなの?

 フラッシュメモリをメインのデータストレージに使うゼロスピンドル“U”は、その耐衝撃性とともにデータアクセスの速さも期待されている。先日のレビューで掲載したPCMark04、PCMark05でもHDD関連テストはVGN-UX50の3倍強の値を出していた。

 では、ベンチマークテストとして長い歴史を持つHDBENCHではどんな値を示すだろうか? HDBENCH Ver.3.30を用いて、ゼロスピンドル“U”とVGN-UX50の結果を並べてみよう。

 なお、それぞれが搭載するCPUは前回のレビュー同様、ゼロスピンドル“U”が超低電圧版のIntel Core Solo U1400(動作クロック1.20GHz)で、VGN-UX50が超低電圧版 Intel Core Solo T1300(動作クロック1.06GHz)となっている。CPU関連の項目やグラフィックス関連の項目はCPUの違いが出ていると考えられるので留意していただきたい。

ゼロスピンドル“U”VGN-UX50
ALL3220220663
Integer8618876460
Float5746451111
MemoryR4063536336
MemoryW4140337041
MemoryRW8065872264
DirectDraw5959
Rectangle2000019400
Text1572614311
Ellipse54555155
BitBlt770586
Read5263613709
Write2828312971
Copy51471195

 「Integer」「Float」といったCPU関連項目、Memoryの読み書き、描画関連の各テストの結果はゼロスピンドル“U”がCPUのクロック分だけ速い結果となっている。劇的な差がついているのはやはりHDD関連のテストで、「Read」「Write」「Copy」(データサイズは1Gバイトに指定)ともにゼロスピンドル“U”はHDDを搭載したVGN-UX50を大幅に上回っている。

 ReadとCopyのテストでゼロスピンドル“U”がHDD搭載モデルの5倍弱という値を出しているのに対して、Writeテストでは2倍強という結果になっているのが興味深いところだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.