ニュース
» 2006年08月01日 11時00分 公開

ノバテック、PCレスで動作するブロードバンドTV電話「Ojo」を発表

ノバテックは、米ワールドゲート・コミュニケーションズ製の卓上TV電話「Ojo」の日本向け提供を行なうと発表した。ブロードバンド接続経由での単体動作に対応、H.264による双方向動画通信をサポートする。

[ITmedia]
photo Ojo

 ノバテックは8月1日、米ワールドゲート・コミュニケーションズ製の卓上TV電話「Ojo(オジョ)」の販売代理店契約を締結、同製品の日本向け提供を行なうと発表した。

 Ojoは、PCレスの単独でブロードバンド接続が可能な卓上型のTV電話で、縦長の7インチ液晶ディスプレイとカメラを内蔵。動画にはH.264フォーマットを利用しており、狭帯域利用時にも高品質の映像通話が可能となっているのが特徴だ。動画解像度は176×144ドット、フレームレートは30フレーム/秒。

 製品ラインアップは、ブロードバンドTV電話専用モデルの「PVP-900」、および上位モデルの「PVP-1000」を用意。PVP-1000はコードレス電話機能も利用可能で、既存の電話回線に接続することで従来どおりの音声通話も可能となっている。

 ノバテックでは、自社IP-PBX製品との組み合わせによる包括的ソリューションとしての提供を想定。8月中にも本製品の出荷を開始、電話会社/VoIPプロバイダやISPの顧客向けとして提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう