ニュース
» 2006年09月26日 15時00分 UPDATE

ゼロスピンドル“U”はオンボード1Gバイトとストレージ32Gバイトへ──「VAIO」秋の新作第2弾発表

ソニーマーケティングは9月27日に「VAIO type A」「VAIO type F TV」の新製品を発表。また「VAIO type U」VAIOオーナーメードモデルの新構成も登場した。

[ITmedia]
kn_vaioazen.jpg VAIO type A

 VAIO type Aの新製品は店頭モデルで「VGN-AR71DB」「VGN-AR51DB」の2製品が登場する。従来のエントリーモデル「VGN-AR50B」は継続で販売。新登場のモデルはどちらもCPUにCore2 Duo(VGN-AR71DBはCore2 Duo T7200、VGN-AR51DBはCore2 Duo T5500)と地上デジタルチューナーを搭載する。上位モデルのVGN-AR71DBは最大解像度1920×1200ドットの17インチワイド液晶ディスプレイとBlu-rayドライブを採用。HDDも100Gバイトドライブを2台搭載してRAID 0を構築した状態で出荷される(VGN-AR51DBは160Gバイトドライブを1台搭載)。グラフィックスチップはVGN-AR71DBが「GeForce Go 7600 GT」(ビデオメモリ256Mバイト)で、VGN-AR51DBも同じシリーズのエントリークラスチップ「GeForce Go 7600」(ビデオメモリ128Mバイト)を実装、両モデルともHDMI対応のビデオ出力を用意している。

 構成をユーザーが選択できるVAIOオーナーメードモデルでは最大解像度1920×1200ドット表示の液晶ディスプレイを搭載する「VGN-AR91」系と最大解像度1440×900ドット表示の液晶ディスプレイを搭載する「VGN-AR81」系の2系統が用意される。CPUには店頭モデルでは採用されていないCore2 Duo T7600(動作クロックは2.33GHz)やCore2 Duo T7400(動作クロック2.16GHz)が用意された。VGN-AR91系の筐体は「プレミアムブラック」と呼ばれるピアノフィニッシュカラーに仕上げられている。また、搭載するTVチューナーで地上デジタルが選択でき、HDDで400Gバイト構成、GPUにGeForce Go 7600 GTを、光学ドライブにBDドライブがそれぞれ用意されているのもVGN-AR91系のみとなる(BDドライブの搭載はCPUでCore2 Duo T7200以上のモデルを搭載したのみ選択可能)。

 そのほか、両モデルでOSの選択(Windows XP Professional もしくは、同Home Editon)や、Bluetoothヘッドセットの有無が選べるようになっている。

型番VGN-AR71DBVGN-AR51DB
CPUCore2 Duo T7200(2GHz)Core Duo T5500(1.66GHz)
メモリDDR2-533MHz/1Gバイト(最大2Gバイト)
HDD200Gバイト(100Gバイト×2)160Gバイト
ドライブBDドライブDVD±R DL対応DVDスーパーマルチ
グラフィックスGeForce Go 7600GTGeForce Go 7600
TVチューナー地上デジタルチューナー
無線LANIEEE 802.11 a/b/g
スロットメモリースティック、SDメモリーカード/MMC、TypeIIPCカード×1、ExpressCard54/34×1
主なインタフェースUSB 2.0×3、i.LINK×1、100BASE-TX/10BASE-T、HDMI、アナログVGA、Sビデオ入出力、丸型光出力端子、Bluetooth、FeliCaポート
OSWinodws XP HomeEdition SP2
サイズW416×H33.5〜41.5×D299.5ミリ
重さ約3.8キロ
ディスプレイ17インチワイド(1920×1200ドット)17インチワイド(1440×900ドット)
バッテリー駆動時間約1.5時間
実売予想価格約40万円約28万円
発売予定日10月7日

kn_vaioftvzen.jpg VAIO type F TV

 VAIO type F TVの新製品は店頭モデルとして「VGN-FT52DB」「VGN-FT52B」「VGN-FT32B」の3モデルが登場する。VGN-FT52DBとVGN-FT52BはCPUにCore2 Duo T5500(動作クロック1.66GHz)を搭載(バリューモデルのVGN-FT32Bは動作クロック1.73GHzのCeleron M430)。最上位モデルのVGN-FT52DBは地上デジタルチューナーを採用した(ほかの2モデルは地上アナログチューナー)。

 最大解像度1280×800ドットの15.4インチ液晶ディスプレイを搭載し、チップセットはIntel 945GM(VGN-FT52DBとVGN-FT52B)もしくはIntel 940GML(VGN-FT32B)を採用。グラフィックス機能はともにチップセットに内蔵されているIntel GMA 950を利用する。メインメモリはどちらもPC-4200 DDR2 SDRAMに対応し、VGN-FT52DB、VGN-FT52Bは1Gバイト(512Mバイト×2)を、VGN-FT32Bは512Mバイト×1を実装する。両モデルとも従来モデルと同様に、Webカメラ「MOTION EYE」、FeliCaポート、高品質サウンドエンジン「SoundReality」を搭載している。

 VAIOオーナーメードモデルでは、CPUでCore2 Duo T7400(動作クロック2.16GHz)、同T7200(同じく2GHz)、同T5600(同じく1.83GHz)の選択肢が用意され、HDDも最大200Gバイトのドライブを搭載できるようになった。CPUにCore2 Duoを選択した場合、地上デジタルチューナーの搭載が可能になる。

型番VGN-FT52DBVGN-FT52BVGN-FT32B
CPUIntel Core2 Duo T5500(2GHz)Celeron M 430(1.73GHz)
メモリDDR2-533MHz/1Gバイト( 最大2Gバイト)DDR2-533MHz/512Mバイト( 最大2Gバイト)
HDD160Gバイト100Gバイト
ドライブDVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックスIntel 945GMIntel 940GML
TVチューナー地上デジタル地上アナログ
無線LANIEEE 802.11a/b/gIEEE 802.11b/g
スロットExpressCard、メモリースティック、SDカードPCカードTypeII、ExpressCard、メモリースティック、SDカード
主なインタフェースUSB 2.0×3、I.LINK×1、FeliCaポート
OSWindows XP HomeEdition SP2
サイズ幅368.4×厚さ30〜37.5×奥行272.8ミリ
重さ2.9キロ
ディスプレイ15.4インチワイド (1280×800ドット)
バッテリー駆動時間バッテリーパック(S)搭載時約2.5時間バッテリーパック(S)搭載時約3時間バッテリーパック(S)搭載時約1.5時間
実売予想価格約25万円約23万円約19万円
発売予定日10月7日


 VAIO type Uでは、VAIOオーナーメードモデルで新しい選択肢が用意された。VAIO type Uではゼロスピンドルモデルのデータストレージの選択肢として従来のフラッシュメモリ16Gバイト搭載モデルに加えて32Gバイトのフラッシュメモリ搭載モデルが可能になった。32Gバイト搭載モデルではMicrosoft Office Personal Editon 2003も選択できるようになる。また、従来のモデルで改善の声が大きかったメインメモリ容量についてもオンボード1Gバイトが選択肢として用意された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.