ニュース
» 2006年09月29日 03時30分 UPDATE

約52万6000個が対象:レノボもThinkPadシリーズのバッテリーをリコール開始

レノボ・ジャパンが、ThinkPadシリーズに付属する一部のバッテリーについて無償交換を開始した。

[ITmedia]
ht_0609think.jpg 「バッテリー自主回収のお知らせ」のページ

 9月29日、レノボ・ジャパンが「バッテリー自主回収のお知らせ」を公開した。すでにこちらの記事で報じられているとおり、調査を開始していた同社だが、一連のソニー製バッテリーに関するトラブルの列に加わった格好だ。

 今回対象となるのは、2005年2月から2006年9月に販売されたThinkPad R/T/Xシリーズと、オプションバッテリーだ。対象となるバッテリーの製造部品番号(ASM P/N)や保守部品番号(FRU P/N)は下記の表にまとめた。

 同社のプレスリリースによれば、上記のバッテリーにおいて、オーバーヒートが発生し、発火による危険の可能性があることを確認したという。そのため、該当製品を使っているユーザーには速やかにバッテリーを取り外し、ACアダプタでの利用を推奨している。

 また、「ソニー株式会社が製造した世界中の約52万6千個のリチウム・イオン・バッテリーの自主回収を行うこと」「2005年2月から2006年9月に販売されたThinkPadノートブックPCの5〜10%が自主回収対象のバッテリーと関係していると推測」「ソニーは、今回の自主回収に対しての金銭的なサポートに合意をして」いるという。

対象となるThinkPadシリーズ
ThinkPad R シリーズ R51e/R52/R60/R60e
ThinkPad T シリーズ T43/T43p/T60
ThinkPad X シリーズ X60/X60s

自主回収の対象となるバッテリー
製造部品番号(ASM P/N) 保守部品番号(FRU P/N)
92P1072 92P1073
92P1088 92P1089
92P1142 92P1141
92P1170 92P1169/93P5028
92P1174 92P1173/93P5030

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.