ニュース
» 2006年10月31日 19時19分 UPDATE

アスクがiTunes/BitTorrent対応のHDD内蔵無線LANルータ「ASUS WL-700gE」を発表

アスクは、多彩な機能が備わったASUSTeK Computer製のHDD内蔵無線LANルータ「ASUS WL-700gE」を国内販売すると発表した。

[ITmedia]
tm_0610wl700ge01.jpg HDD内蔵無線LANルータのWL-700gE。ボディは横置きと縦置きの両方に対応する

 アスクは、台湾ASUSTeK Computer製のHDD内蔵無線LANルータ「ASUS WL-700gE」を国内販売すると発表、11月22日より発売する。価格はオープンで、実売予想価格は4万2800円前後だ。同製品は北米で既に発売済みとなっており、今年9月中旬以降に国内で発売すると予告されていたもの。都内で開催された発表会では、製品の解説と動作デモが行われた。

 WL-700gEは、160Gバイトの3.5インチHDDを内蔵したIEEE802.11g/b準拠の無線LANルータ。有線部は100BASE-TX/10BASE-Tに対応する。各種サーバ機能を搭載し、Web/FTP/Sambaサーバとして運用可能だ。また、DLNAガイドライン1.0に準拠したメディアサーバ機能を備え、UPnPサーバおよびiTunesサーバとしても利用できる。対応OSは、Windows NT4.0/2000/XP/2003、MacOS X、Linuxだ。

tm_0610wl700ge02.jpgtm_0610wl700ge03.jpg ネットワーク経由で内蔵HDDに保存されたビットレート約5MbpsのWMV HDファイルを再生しても遅延が発生しないというデモ(写真=左)。iTunesサーバとしてWL-700gEを利用しているデモ。曲の表示や検索は問題ないが、アートワーク表示は行えないとのこと(写真=右)

 本体の背面には、WAN側1ポート、LAN側4ポートの有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)に加えて、USB 2.0ポートを2基搭載する。ここにプリンタ、Webカメラ、外付けHDDなどのUSB機器を接続することで、ネットワーク共有が行える。同容量の外付けHDDを接続すれば、データのミラーリングも可能だ。ただし、ユーザーによる内蔵HDDの交換はサポートしていないため、ミラーリングしていても内蔵HDDが故障した際はメーカーのサポートでHDDを換装してもらう必要があるとのこと。その場合、メーカーによる内蔵HDD換装後にユーザーがミラーリングしたデータをコピーし、元の環境に復旧するという手順になる。

 なお、外付けHDDは初回の接続時にフォーマットが必要だ。フォーマットはLinuxのファイルシステムで行われるため、一度WL-700gEに接続した外付けHDDは、PCに接続してもWindows上では認識されなくなるという。

 本体の前面にはUSB 2.0ポートが1基あり、USBメモリを装着して本体のコピーボタンを押すことで、自動的にUSBメモリから内蔵HDDへファイルを転送できる。

tm_0610wl700ge04.jpgtm_0610wl700ge05.jpgtm_0610wl700ge06.jpg WL-700gEの背面には、USB 2.0ポートを2基用意している(写真=左)。前面にはUSBメモリ接続用のUSB 2.0ポートと電源ボタン、コピーボタンがある(写真=中央)。各種設定はWebブラウザで行う。外付けHDDをUSBで接続するだけで、記録容量を増やせる。設定画面は日本語化されている(写真=左)。

 自動ダウンロード機能の「ダウンロードマスター」を装備しているのも特徴だ。これは、あらかじめダウンロードするファイルを設定しておけば、PCが電源オフの状態でも、インターネットからファイルをダウンロードできるというもの。ダウンロードするファイルの指定は、PC上から設定画面でURLを直接入力するか、リストをテキストファイルで作成して読み込ませることで行う。プロトコルはFTP、HTTP、BitTorrentに対応し、BitTorrent経由のファイル7個とHTTP/FTP経由のファイル10個を同時にダウンロードすることが可能だ。

tm_0610wl700ge07.jpgtm_0610wl700ge08.jpg ダウンロードマスターを有効にする設定画面。ダウンロードファイルの共有やBitTorrentのポート範囲などの設定を行う(写真=左)。Webカメラを接続すれば、監視カメラとして利用できる。Webカメラが動く被写体を検知した場合、指定したアドレスに画面キャプチャ付きのメールを送信することも可能だ(写真=右)

 無線LAN機能はIEEE802.11g/b準拠だが、独自のHigh-Speed Modeにより最大125Mbpsでの接続が可能という。ただし、High-Speed Modeを利用するには、対応するASUSTeK Computer製の無線LANクライアント機器が必須だ。High-Speed Modeの詳細仕様は明かされなかったが、Broadcomチップセットの性能を最大限引き出す高速化技術で、MIMOなどを使用するものではないとしている。

 本体サイズは241(幅)×161(奥行き)×45(高さ)ミリ、重量約1.4キロ。電源ユニットは内蔵しているため、ACアダプタは不要だ。ファンレス設計により、静音性に配慮したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.