ニュース
» 2006年11月07日 00時30分 UPDATE

コンセプトは“本当のサブノート”:工人舎、7インチ液晶とGeodeで8万9800円のミニノートを発売

工人舎は、重量が約960グラムのミニノートPC「SA1F00A」を12月に発売する。価格は8万9800円からだ。

[ITmedia]

コンシューマ向けノートPCでは初のAMD Geodeを採用

ht_0611sa01.jpg 工人舎「SA1F00A」

 工人舎が発表した「KOHJINSHA SAシリーズ」は、手ごろな価格と気軽に使用できるサブノートをコンセプトとしたミニノートPCだ。

 HDD容量とOffice Personal Edition 2003の有無で2モデルが用意され、同社の直販Webサイトのほか、ヨドバシカメラ、ソフマップとビックカメラ、上新電機、ベスト電器の各主要店で販売が行われる。同社のWebサイトでは11月7日から予約受付が始まり、12月1日から順次出荷される予定だ。

 主な仕様は下の表にまとめたが、コンシューマ向けPCとしてはCPUにAMD Geode LX800を採用しているのが目新しい。ファンレス仕様で静音性に優れているのも特徴だ。液晶ディスプレイは7インチワイドの光沢パネル付きで、解像度は800×480ドット、プレビューモードを使えば1024×600ドットまで表示が可能だ。また、液晶ディスプレイは時計回りに180度回転でき、キーボード面に折りたたんで液晶脇のポインティングデバイスを活用することもできる。

 ボディサイズは218(幅)×163(奥行き)×25.4〜33(高さ)ミリ、重量は約960グラムと軽量だ。大容量バッテリーは用意されず、標準バッテリーで約5時間の駆動が行なえる。キーボードはキーピッチが16.8ミリ、キーストロークが1.5ミリで、2ボタン式のタッチパッドも実装されている。なお、HDDは2.5インチのParallel ATAを採用する。

 プリインストールOSはWindows XP Home Edition(SP2)で、Windows Vistaへのアップグレードサービスは行わない予定とのことだ。

 本機のレビュー記事はこちら

ht_0611sa02.jpght_0611sa03.jpght_0611sa04.jpg 手のサイズから非常に小型なPCであることがわかる(写真=左)。液晶ディスプレイ部分を折りたたんで、液晶脇にあるスティックポインタを使ってオペレーティングすることができる(写真=中央/右)。なお、液晶ディスプレイはタッチパネル方式ではなく、OSもWindows XP Home Editionだ(Tablet PC Edition 2005ではない)
モデル名SA1F00ASA1F00B
CPUAMD Geode LX 800
チップセットAMD Geode CS5536コンパニオン・デバイス
メモリ標準512MB(PC2700)/最大1GB
メモリスロット200ピンSO-DIMM×1(空き0)
液晶ディスプレイ7インチワイド液晶(光沢パネル付き)
画面解像度800×480ドット
グラフィックスチップチップセット内蔵
グラフィックスメモリ標準8MB(メインメモリから確保)
HDD40GB(2.5インチ)80GB(2.5インチ)
キーボード日本語77キー
キーピッチ16ミリ
キーストローク1.5ミリ
ポインティングデバイスタッチパッド+スティックポインタ
有線LAN100BASE-TX/10BASE-T
無線LANIEEE802.11g/b
BluetoothBluetooth 2.0+EDR
サウンドチップセット内蔵
スピーカ0.5ワット+0.5ワット
メモリカードスロットCF TypeI×1、SDメモリカード/メモリースティック/MMC
USBUSB 2.0×2
外部ディスプレイ出力アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
バッテリー駆動時間約5時間
バッテリー充電時間約2.2時間(約1.5時間で約85%まで充電可)
バッテリー仕様リチウムイオン(11.1ボルト2600mAh)
外形寸法218(幅)×163(奥行き)×25.4〜33(高さ)ミリ
重量約960グラム
オフィススイートOffice Personal 2003
OSWindows XP Home Edition(SP2)
価格8万9800円10万9800円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.