ニュース
» 2006年11月24日 14時52分 UPDATE

まさにお宝:金塊ハブ

サンコーから“金塊っぽい”USB 2.0ハブが登場した。その重量は2.35キロ。片手でUSBを抜き差し可能だ。

[ITmedia]
og_sanko001.jpg

 サンコーは11月24日、金塊の形をしたUSB 2.0ハブ「金塊ハブ」を発表、同日より予約受付を開始した。価格は5980円で12月上旬より出荷される予定。

 金塊ハブはUSB 2.0に対応する8ポートハブ(うち1つは電源供給のみ)で、光り輝く金塊を模したユニークな形状が特徴。本体に金は含まないものの、重量が2.35キロもあり、本体を支えずに片手でUSBを抜き差し可能だ。また、自重のみでデスクに半固定されているため、吸盤などで設置するタイプにくらべて本体の移動も手軽に行える。

 本体サイズは196(幅)×73(奥行き)×49(高さ)ミリ。金塊ハブに加えて、USBケーブルとACアダプタが付属する。

og_sanko002.jpgog_sanko003.jpgog_sanko004.jpgog_sanko005.jpg 本体に本物の金は含まないが重量は2キロを超える。手にした人はすごく嬉しそうだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.