ニュース
» 2007年10月02日 13時48分 UPDATE

ターガス、ExpressCard接続対応の汎用型外付けドッキングステーションを発表

ターガスは、ExpressCardスロット搭載ノートPC向けとなるドッキングステーションをした。外部ディスプレイ出力のほかギガビット対応LAN、オーディオ出力、USB 2.0×4などを装備する。

[ITmedia]
photo ACP6002JP

 ターガスはこのほど、ExpressCardスロット搭載ノートPC向けとなる「デジタルビデオ・オーディオ対応ExpressCardノートブックドッキングステーション(ACP6002JP)」を発売した。価格はオープン、予想実売価格は2万円前後。

 ACP6002JPは、ExpressCardスロット搭載のノートPCに接続可能な汎用タイプの外付け拡張ユニットで、ExpressCard/54およびExpressCard/34接続に対応する。

photo 本体形状は、ノートPC後部の下側に設置しやすいカーブ型デザインとなっている

 利用可能なインタフェースは、アナログD-Sub×1、DVI×1、およびギガビット対応LAN、アナログオーディオ出力、S/P DIF出力、USB 2.0×4、シリアル×1などを装備。出力ディスプレイ解像度は最大1600×1200ドット(UXGA)で、ノートPC側の画面をそのまま出力する「ミラー・ビデオモード」のほか、ノートPC画面とのデュアル構成となる「エクステンド・ビデオモード」や外部出力をプライマリとする「プライマリ・ビデオモード」も利用可能だ。

 電源は付属のACアダプタにより駆動。本体サイズは304(幅)×93(奥行き)×26(高さ)ミリ、重量は400グラム。対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。

関連キーワード

ノートPC | オーディオ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.