ニュース
» 2007年10月15日 16時21分 UPDATE

NEC、世界最小クラスの“手乗りサイズ”デスクトップシンクライアント「US110」など2モデル

日本電気は、VPNを介した社外システム接続に対応する小型デスクトップシンクライアント端末「US110」、およびノートモデル端末「US60」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo US110

 日本電気は10月15日、VPNを介した社外システム接続に対応する小型デスクトップシンクライアント端末「US110」、およびノートモデル端末「US60」の2製品を発表、本日より販売を開始する。出荷開始時期はUS110が10月29日、US60が11月下旬。価格はUS110が4万9000円、US60が19万9000円。

 US110は、OSとしてWindows CEを搭載するデスクトップ用のシンクライアント端末で、本体サイズ150(幅)×94(奥行き)×30.4(高さ)の超小型筐体を採用した。VPN(Virtual Private Network)を用いた社外接続に対応するほか、毎回パスワードを変更する「ワンタイムパスワード」とVPNを組み合わせた、よりセキュアな接続も可能だ。

photo US60

 US60は、最小構成時で重量約993グラムとなるモバイル向けのノートPC型シンクライアント端末。従来モデルの「US50」ではNECが顧客に合わせてROMのカスタマイズを行っていたが、本製品ではOSとしてWindows XP Professionalを搭載し、顧客側のシステム管理者が自由にモバイルアクセス設定やVPNなどの設定を行うことができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.