ニュース
» 2007年12月10日 14時41分 公開

東芝、128GバイトSSDの製品化を発表――量産化は2008年3月以降

東芝は、業界最大容量となる128GバイトモデルのSSD(Solid State Drive)製品化を発表した。

[ITmedia]
photo

 東芝は12月10日、業界最大容量となる128GバイトモデルのSSD(Solid State Drive)を製品化することを発表した。

 製品化予定となっているSSD製品は、最大容量を128GバイトとしたSerial ATA接続対応モデルで、3ミリ厚の小型基板を採用するモジュール品と、基板をケースに収めた1.8インチ/2.5インチの完成品の2モデルをラインアップ。普及型の多値NANDを採用することで容量を増大させつつ、独自開発コントローラを搭載したことで従来同様の高速な処理速度(リード最大100Mバイト/秒、ライト最大40Mバイト/秒)と長寿命を実現している。

 サンプル出荷時期は、モジュール品が2008年2月、完成品が2008年4月の予定。量産開始時期はモジュール品が2008年3月、完成品が2008年5月の予定となっている。

※記事初出時、モジュール品の量産開始時期に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

関連キーワード

SSD | 東芝 | 最大 | NAND


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう