ニュース
» 2008年01月11日 16時14分 UPDATE

ワッセイ、既存システムでシンクライアントを手軽に実現する「Phantosys」

ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは、台湾ARGtek Communication製のシンクライアントプラットフォーム「Phantosys」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo Phantosysのシステム構成概念図

 ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは1月11日、台湾ARGtek Communication製のシンクライアントプラットフォーム「Phantosys」の取り扱いを発表、2月下旬より発売を開始する。価格はオープン。

 Phantosysは、既存のPCをそのままシンクライアント端末として利用可能な低コストタイプのシンクライアントシステムで、OSをディスクイメージの形でサーバ側が管理するネットワークブート型シンクライアントを採用したのが特徴だ。

 1つのディスクイメージの中に異なるOSや環境を持つことが可能なため、クライアント側にトラブルが生じた場合にも確実に復帰することが可能。Phantosysサーバを複数設置することにより、冗長化や負荷分散にも対応している。

 対応OSは、サーバ側がWindows XP/2003(32ビット版)、クライアント側がWindows XP/Vista。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう