ニュース
» 2008年04月18日 13時13分 UPDATE

アクト・ツー、Mac用セキュリティソフト「Intego セキュリティシリーズ」最新版

アクト・ツーはMac用セキュリティソフト「Intego セキュリティシリーズ」、全5製品をアップグレード。旧バージョンからのアップブレード版販売、追加ライセンスの優待販売も行う。

[ITmedia]
ht_0804a2.jpg VirusBarrier X5のウイルス検出画面

 アクト・ツーは4月17日、Macintosh向けのセキュリティソフト「Intego セキュリティシリーズ」の新バージョン「X5」のダウンロード販売を開始した。

 ウイルス対策ソフト「ウイルスバリア X5」と、ファイアウォールソフト「ネットバリア X5」、バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」は、いずれも7800円。スパム対策ソフト「パーソナルアンチスパム X5」は6300円、ファイル暗号化ソフト「ファイルガード X5」は6800円となる。

 ウイルスバリア X5、ネットバリア X5、パーソナルバックアップ X5をセットにした「インターネットセキュリティバリア X5 バックアップエディション」、ウイルスバリア X5、ネットワークバリア X5、パーソナルアンチスパム X5を組み合わせた「インターネットアンチセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション」の2製品は1万2800円。また、全5製品をセットにした「インターネットセキュリティバリア X5 プラチナエディション」も1万9800円で発売。全製品に、旧製品からのアップグレード版と、追加ライセンスの優待販売が用意されており、パッケージ版も近日中に発売が予定されている。なお、2007年12月1日以降に Intego セキュリティシリーズのバージョン X4の各製品を購入したユーザーには無償アップグレードを受け付け中だ。

 対応システム条件はいずれも、OSがMac OS X 10.4以降、CPUがPower PC G3およびIntel Macとなっている。

関連キーワード

セキュリティ | Mac | Mac OS X | スパム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう