PC USER Pro
ニュース
» 2008年09月01日 12時06分 公開

KGT、カスペルスキー製セキュリティソフトのSOHO向けパッケージ2製品を販売

KGTは、Kaspersky Labs Japan製となるSOHO向けセキュリティソフト「Kaspersky Work Space Security」「Kaspersky Business Space Security」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 KGTは9月1日、Kaspersky Labs Japan製となるSOHO向けセキュリティソフト「Kaspersky Work Space Security」「Kaspersky Business Space Security」の取り扱いを発表、本日より販売を開始する。いずれも5ユーザー/10ユーザー/25ユーザーパッケージを用意、価格はオープンだ。

 2製品はともに、管理ツールでの一括管理機能を付加したセキュリティソフトで、データベース更新管理やパッケージ管理、ライセンス管理などを一元的に扱う「Kaspersky Administration Kit」をバンドルしている。

 Kaspersky Work Space Securityは、ウイルス対策向けのタイトルで、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation」「同 for Linux Workstation」を含むパッケージだ。

 Business Space Securityは、ファイルサーバ向けのセキュリティ対策にも対応した製品で、Kaspersky Work Space Securityの機能に加えさらに「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server」「同 for Linux File Server」「同 for Samba Server」の3タイトルをバンドルしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう