ニュース
» 2008年11月12日 15時54分 UPDATE

東芝、Web直販モデル「Qosmio F50W/85GW」の改定モデルを発売――HDD容量を増強

東芝は、Webオリジナル製品となるAVノートPC「Qosmio F50W/85GW」のリニューアルモデルの販売を開始した。

[ITmedia]
photo Qosmio F50W/85GW

 東芝は11月12日、Webオリジナル製品となるAVノートPC「Qosmio F50W/85GW」のリニューアルモデルの販売を開始した。

 基本仕様は6月発売の同名製品を踏襲しつつ、HDD容量を250Gバイトに強化したのが特徴。そのほかのスペックはほぼ同様で、CPUはCore 2 Duo P8400、メモリはDDR2 2Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵、液晶ディスプレイは1280×800ドット表示対応の15.4型ワイド液晶を備える。チューナーは地上デジタルTVチューナーを内蔵、動画処理エンジン「SpursEngine」も装備している。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)。

 価格は、Office非搭載モデルの「PQF50W85GLN20W」が21万8800円、Office Personal 2007 with PowerPoint 2007搭載モデルの「PQF50W85GLR20W」が24万3800円(ともに税込み/以下同様)。また、上記モデルに光学マウスを付属したモデル「PQF50W85GLN21W」「PQF50W85GLR21W」も用意している。価格はそれぞれ22万800円/24万5800円だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう