ニュース
» 2008年12月18日 15時00分 UPDATE

マウスコンピューター、Quadro FX370 LP搭載のスリムデスクトップ

マウスコンピューターは、GPUとしてQuadro FX370 LPを標準装備したスリム筐体採用デスクトップPC「Lm-iS442S3-WS」を発表した。

[ITmedia]
photo Lm-iS442S3-WS

 マウスコンピューターは12月18日、GPUとしてQuadro FX370 LPを標準装備したスリム筐体採用デスクトップPC「Lm-iS442S3-WS」を発表、本日より販売を開始する。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格はOSレス時で6万4890円/Windows XP Home Edition搭載時で7万4970円(双方税込み)。

 Lm-iS442S3-WSは、ロープロファイル対応のWS向けグラフィックスカードとなるQuadro FX 370 LPを標準装備したデスクトップPCで、本体幅100ミリのコンパクト筐体を採用。標準構成スペックは、CPUがCore 2 Duo E7300(2.66GHz)、メモリがDDR2 2Gバイト、HDDが320Gバイト、光学ドライブが2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵。BTOカスタマイズにより、グラフィックスカードをマルチディスプレイ対応のQuadro NVS 290に変更することも可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう