ニュース
» 2009年01月09日 11時00分 UPDATE

東芝、“SpursEngine”搭載「Qosmio」の2009春Webモデルを発売

東芝は、AVノートPC「Qosmio」のWebオリジナル新モデル「Qosmio G50W/95HW」を発表した。

[ITmedia]
photo Qosmio G50W/95HW

 東芝は1月9日、AVノートPC「Qosmio」のWebオリジナル新モデル「Qosmio G50W/95HW」を発表、本日より受注を開始する(出荷開始は1月下旬以降の予定)。価格は29万7800円から(税込み)。

 Qosmio G50W/95HWは、2009年春モデルとなる最新の「Qosmio G50」をベースとしたWebオリジナルモデルで、CPUとして Core 2 Duo T9550(2.86GHz)を搭載するほか、映像専用プロセッサー「SpursEngine」を標準装備。チューナーは地上デジタルチューナー×1を内蔵している。

 液晶ディスプレイは1920×1080ドット表示対応の18.4型ワイド液晶を装備。メモリは4Gバイト、HDDは320Gバイトを搭載。GPUはGeForce 9600M GT/512Mバイトを利用できる。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)だ。

 製品バリエーションは、横スクロール機能付きマウス、およびOffice Personal 2007+PowerPoint 2007の付属の有無により4バリエーションを用意した。ラインアップは以下の通りだ。

製品型番付属マウスOffice Personal
2007+Power
Point 2007
価格(税込み)
PQG50W95HLN10W29万7800円
PQG50W95HLN11W29万9800円
PQG50W95HLR10W32万2800円
PQG50W95HLR11W32万4800円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう